2015年 教師の日(エルサルバドル)

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleロゴ

2015年6月22日

ロゴ大

15062204

ロゴ小

15062205

表示された国

15062206

エルサルバドル

教師の日

エルサルバドルの「教師の日」は毎年6月22日です。

この日は国民の祝日となっています。

なぜこの日なのでしょうか。由来は?? というと、、、

エルサルバドルの軍人、政治家であった「Francisco Menéndez Valdivieso」さんに由来します。

「1830年12月3日」に生まれて「1890年6月22日」に逝去されています。

「1885年6月22日〜1890年6月22日」まで「エルサルバドル」の大統領も勤めています。

次の大統領「Carlos Ezeta」さんとの争いに負け、大統領を失脚した日に心臓発作で死亡されているようです。よほど負けた事が悔しかったのでしょうか??

彼は1866年〜1868年にかけてエルサルバドルの西部に位置する「アワチャパン」の市長の役職にあり、公共教育の政策を促進しています。

大統領に就任後は自由主義による新憲法を提案してます。

1886年に制定されたこの憲法は、1939年まで53年間に渡って使われました。

その他、教育機関期間の設置等もおこなっています。

西部の「アワチャパン」の市長出身だからでしょうか、西地区のコーヒー栽培を大きく発展させた方のようです。

教育の促進を促した人物として今日、エルサルバドルでは、彼の大統領に就任した「6月22日」、はからずも死亡した日も「6月22日」、を「教師の日」として定めています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

エルサルバドルのGoogleサイト「Día del maestro」
 → https://www.google.com.sv

検索される言葉は「教師の日」です。

© 2016 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク