2016年 セルビア建国記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年2月15日

この日、「セルビア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

ロゴ大

1602151

ロゴ小

1602152

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

1602153

セルビア

建国記念日

2月15日は、セルビアの建国記念日です。

現在の「セルビア共和国」は2006年6月5日にセルビア議会が独立を宣言し、独立しています。

それまでの歴史は?? というと、、、

第1次世界大戦後に、スロベニア、クロアチアと共に、「ユーゴスラビア王国」を建国します。

第2次世界大戦時は、ナチス・ドイツの侵攻を受けます。

王国政府は即座にロンドンに亡命してしまいます。

ナチス・ドイツによるセルビア人の虐殺が行われましたが、「ヨシップ・ブロズ・チトー」さんを中心とした人民解放軍(パルチザン)が抵抗運動を行います。

そして、1945年のナチス・ドイツがの降伏を受けると、ユーゴスラビア全域の支配権を確立し、「ユーゴスラビア民主連邦」を成立させます。

その後、当然のことながら、王国政府のロンドンからの帰国は拒否しています。

その後、冷戦が始まり、ソビエト連邦側に歩み寄ります。

1946年:ユーゴスラビア連邦人民共和国

1963年:ユーゴスラビア社会主義連邦共和国

と名称を変更していきます。

この頃の「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」の構成していたのは以下の6つの国家。

・マケドニア社会主義共和国
・セルビア社会主義共和国
・ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国
・クロアチア社会主義共和国
・スロベニア社会主義共和国
・モンテネグロ社会主義共和国

1980年代になると、民族主義が唱えられるようになり、各国家間で少しずつ協調姿勢が崩れて行きます。

「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」は「セルビア」が実質的に支配していて、他の国との対立が絶えませんでした。

そして、1990年代になると「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」は解体していきます。

「マケドニア」、「クロアチア」、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」、「スロベニア」が相次いで独立し、残った「セルビア」と「モンテネグロ」は「ユーゴスラビア連邦共和国」を形成します。

その後、2006年6月5日に「セルビア共和国」として、現在の形になります。

さて、ここで気になるのが、建国記念日が2月15日である理由。

これは、1804年の第1次セルビア暴動と1835年の最初の憲法制定を記念しているそうです。

「セルビア暴動」は1804年2月15日に始まった「オスマン帝国」支配下のセルビアでの独立運動です。

また1835年2月15日に最初の憲法が制定されています。(バルカン半島での最初の憲法とのこと。)

ロゴデザイン

セルビア国旗のカラーに「Google」の文字。

1602154

中央には、アボリジャバロ(悪魔の街という意味)と呼ばれる奇岩群がデザインされています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

セルビアのGoogleサイト「Дан државности Србије」
 → https://www.google.rs

検索される言葉は、「セルビア国家の日」です。

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク