人類初の南極到達 105周年

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleロゴ

2016年12月14日

この日、世界各国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

105 år siden Roald Amundsen nådde Sydpolen

105th anniversary of first expedition to reach the South Pole

人類初の南極到達 105 周年

ロゴ大

1612141

ロゴ小

1612142

表示された国

1612143

世界各国

初の南極点到達

南極点:South Pole

人類が初めて「南極点」に到達したのは「1911年12月14日」です。

ノルウェーの「ロアール・アムンセン」さんが率いる探検隊が到達しました。

その日から105周年となります。

南極大陸発見

南極は地球の一番南にある大陸です。

大きさは「約1400万平方メートル」、オーストラリア大陸の2倍程度となります。

昔から、南の土地には「メガラニカ(Magallanica)」という未知の大陸があるのではないか、、、と推測されていました。

世界一周をした「マゼラン」、イギリスの海軍提督「ドレーク」、オランダの探検家「タスマン」なども未知の大陸を求めて航海を行いましたが、発見することはできませんでした。

イギリスの探検家「クック」は「1773年」に南極大陸まで、あとわずか、、、というところまで船を進めますが、濃い霧に阻まれたこと、また、人類が居住可能な場所で無いことなどから探検を終了しています。

未知の大陸が「南極大陸」として実際に発見されるのは「1820年」のことです。

ロシアの探検家「ファビアン・ベリングスハウゼン」さんと「ミハイル・ラザレフ」さんが、南極海を探検中の「1820年1月28日」に「南極大陸」を発見しました。

この最初の発見には諸説あり、イギリス海軍の「エドワード・ブランスフィールド」さんが「1820年1月30日」に発見した、他にも、アメリカ人アザラシ漁師の「ナサニエル・パーマー」さんが「1820年1月27日」に発見した、ともいわれています。

いずれにしても、上記3つのいずれかが最初の発見と言われています。

新しい大陸が発見されたのですが、当時の見解では、南極は氷に閉ざされ、めぼしい資源も無いと判断され、しばらくは忘れ去られた存在となります。

南極点に向けて

発見からしばらく経った「1831年6月1日」、イギリスの探検家「ジェイムズ・クラーク・ロス」さんが「北磁極」に到達します。

このことが、「南極大陸」に再びスポットが当たるきっかけとなります。

「北磁極」への到達により、その対極の「南磁極」に注目が集まったのです。

「ジェイムズ・クラーク・ロス」さんは、次に「南磁極」を目指します。

「1841年〜1843年」にかけて、南磁極への到達を目指しますが、到達には至りませんでした。ですが、この探検で多くの貴重な調査結果を得ることができました。

それからしばらくは探検隊の派遣も途絶えてしまいますが、1900年以降、イギリス、ドイツ、スウェーデンなど、ヨーロッパ各国が探検隊を派遣するようになります。

数々の冒険家、探索隊が南極大陸の南を目指し、少しずつ大陸の様子がわかってきます。

「南磁極」への最初の到達は「アーネスト・シャクルトン」さん率いるイギリスの探検隊です。「1909年1月16日」に到達したと言われています。

そして、その2年後、ようやく「南極点」に到達したのは、ノルウェーの探検家「ロアール・アムンセン」さんです。

「1911年12月14日」に彼と、その他4人の隊員が南極点に到着しました。

彼は南極点にポールハイムというキャンプを張り、南極点周辺の台地をノルウェー国王の名前にちなんで「ホーコン7世の台地:King Haakon VII Vidde」と名付けました。

実は、彼の探検隊は当初は、当時まだ到達されていなかった「北極点」を目指す予定でした。

ところが、準備中の「1909年4月」にアメリカの探検家が北極点に到達したという報告を受け、目標を南極点に変更しました。

もし、そのまま「北極点」を目指していれば、最初の到達者は他の方になっていたのかもしれません。

南極条約

現在の「南極大陸」は?? というと、、、

「1959年12月1日」に南極における調査研究に協力体制を築いていた12カ国で「南極条約」が採択されます。

条約は、軍事的活動や鉱物採掘を禁止し、科学的研究の支援と生物地理区としての保護を定めています。

現在は加盟国も増え、多くの国から科学者たちが派遣され、研究や実験が行われています。

日本の南極到達

日本の南極探索の歴史ですが、、、

「1912年1月16日」「白瀬矗:しらせ のぶ」さん率いる探検隊が初めて南極に上陸しました。

その地点を「開南湾」と命名しています。これは、彼の探検隊の船「開南丸」から名付けられました。

探検隊は、奇しくも「1911年12月14日」に南極点に初めて到達した「ロアール・アムンセン」さんの探検隊を迎えにきていた船とも遭遇しています。

彼らも南極点を目指しますが、困難を極め、目的を学術調査に切り替え、調査後に帰還しました。

帰還後「1913年」に探検の記録「南極記」を出版しました。これは、後の探検隊の貴重な資料となりました。

それから時は流れ、第2時世界大戦後、日本は敗戦国となります。

戦後の「1955年」、日本は南極観測参加の意思を表明します。ところが、敗戦国ということから他国の反発があり「資格なし」とされてしまいます。

そこで、「白瀬矗」さんの南極探索の実績を挙げて反論し、参加を認められました。

そして翌年の「1956年」、第1次南極地域観測隊が派遣されました。

それから南極の観測が続き、日本が南極点に初めて到達したのは「第9次南極地域観測隊」の派遣された「1968年12月19日」です。

さて、日本の南極観測参加のきっかけとなった「白瀬矗」さんの探検隊ですが、、、、

当時は、政府からの援助は得られず、後援会を作りなんとか資金を集めての出発でした。

他国の10分の1の予算、船は中古の木造の漁船を改造したもの、と散々な状態で挑みます。

そんな状況での南極大陸への到達、そして、誰も遭難者を出さず、無事に帰還するという快挙を成し遂げました。

遭難者、被害者を出さずに帰還したことは、当時の世界の賞賛を受けたそうです。

ところが帰還すると、後援会メンバーが、集めた資金を遊戯費として使い込んでしまっており、莫大な借金が待っていました。

その後、彼は家財を売り払い、転居を重ね、講演を続けて20年にわたって借金を返し続けました。

晩年は質素な生活だったといいます。死因は栄養失調による腸閉塞症だったそうです。

日本で初めて南極大陸に上陸した「白瀬矗:しらせ のぶ」さん。再評価したい偉人です。

1961年に彼を讃えて「1912年」に調査を行なった地域が「白瀬海岸」と名付けられました。

現在の日本の南極観測船「しらせ」も、これが由来となっています。(人名ではなく、地名から名付けられたものです。)

ロゴデザイン

「ロアール・アムンセン」さんが南極点に設置したキャンプ(ポールハイム)がデザインされています。

厳しい風にさらされている様子、また、キャンプの周りにはソリなどが描かれています。

1612141

南極点を示すように「S:South」の文字が頂点に描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ノルウェーのGoogleサイト:sydpolen
 → https://www.google.no

 イギリスのGoogleサイト:first expedition to the south pole
 → https://www.google.co.uk

 スウェーデンのGoogleサイト:Första expeditionen till Sydpolen
 → https://www.google.se

 ドイツのGoogleサイト:südpol expedition amundsen
 → https://www.google.de

 日本のGoogleサイト:人類初の南極点到達
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「南極点」、「人類初の南極点到達」です。

© 2016 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    悲しいかな良い文なのに誤字がありました。

    その後、彼は家財を売り払い、転居を重ね、講演を続けて2た0年にわって借金を返し続けました。

    と ”わたって” の”た”が前に飛んでます。

    良いことを知れました これからもがんばってください

  2. 管理人 より:

    >匿名 さん

    ご指摘ありがとうございました。誤字については修正いたしました。