エドモニア ルイスを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年2月1日

この日、北米、南米を中心にいくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating Edmonia Lewis

Γιορτάζουμε την Εντμόνια Λιούις

Celebrando Edmonia Lewis

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

北米、南米を中心にいくつかの国で表示されています。

「エドモニア・ルイス」さんって??

Edmonia Lewis:エドモニア・ルイス

アメリカの黒人女性彫刻家です。

アフリカ系アメリカ人彫刻家として、初めて世界的な名声を得た方です。

「1844年7月4日」に生まれて、「1907年9月17日」に逝去されています。

ハイチ人の父親とアフリカ系アメリカ人の母親の間に生まれます。

彼女が9歳になるころ、両親は他界、叔母の元で育てられることになります。

1859年、オーバリン大学へ進学します。

オーバリン大学は1833年の設立以来、入学資格に性別や肌の色の制限を設けなかった大学として知られています。

設立当時から女性を受け入れ、また1835年には白人以外の生徒の受け入れも行なっています。

当時はまだ、黒人に対する奴隷制度が残っており、黒人女性が高等教育を受ける場合に受け入れてもらえる学校は少なかったのです。

彼女は「オーバリン大学」で美術の勉強を行いました。

大学就学中に「南北戦争(1861〜1865年)」が発生します。

これにより、黒人に対する風当たりは更に強くなります。

彼女も、在学中に事あるごとに、あらぬ嫌疑などをかけられていました。

事実無根のことばかりでしたが、あまりにも嫌疑をかけられるため、大学の最終学年は学校側から登校をゆるされず、学位を取得することはできませんでした。

その後、ボストンで彫刻家になることを望みます。ところが、黒人である彼女を受け入れてくれるところはありませんでした。

ようやく「Edward A.Brackett:エドワード・ブラケット」さんと出会い、1864年に個展を開くことに成功します。

この頃から、「エドワード・ブラケット」さんをはじめ、奴隷廃止派の人たちとの交友が増え、彼女自身も影響を受けていきます。

交友関係から「南北戦争」の英雄の胸像などの製作を行い、好評を得るようになります。

ボストンで一定の評価を得たのちに、彼女はイタリア(ローマ)へ向かいます。

イタリアは肌の色、人種の違いには寛容な国でした。それが、彼女の芸術家活動を、さらに活発にしました。

イタリアの地で、黒人やネイティブアメリカンをモチーフにした作品を数多く製作します。

作品はどれも好評で、世界的な名声を得ることとなり、何度も個展が開催されました。

1877年にはアメリカ大統領「ユリシーズ・グラント」さんの肖像画も描かれています。

彼女はその後の人生のほとんどをイタリアで過ごしています。

彼女が生まれたのは、アメリカの独立記念日「7月4日」です。

1776年7月4日に宣誓された「独立宣言」には、「すべての人間は平等」と謳われています。

それでも当時は、人種の差別があり、その中でも世界的名声を得た彼女を記念したロゴが「Celebrating Edmonia Lewis:エドモニア ルイスを称えて」として表示されました。

アメリカやカナダでは、2月は「Black History Month:黒人歴史月間」とされています。それに合わせてのロゴ表示です。

ロゴデザイン

代表作の1つでもある「The Death of Cleopatra:クレオパトラの死」を制作する「エドモニア・ルイス」さんがデザインされています。

「Google」の文字もカラフルに描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカのGoogleサイト:Edmonia Lewis
 → https://www.google.com

 ギリシャのGoogleサイト:Edmonia Lewis
 → https://www.google.gr

 アルゼンチンのGoogleサイト:Edmonia Lewis
 → https://www.google.com.ar

 ウルグアイのGoogleサイト:Edmonia Lewis
 → https://www.google.com.uy

 カナダのGoogleサイト:Edmonia Lewis
 → https://www.google.ca

検索される言葉は「エドモニア・ルイス」です。

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク