アレッタ ジェイコブス 生誕163周年

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleロゴ

2017年2月9日

この日、「オランダ」をはじめ、いくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

163e geboortedag Aletta Jacobs

Aletta Jacobs’ 163rd Birthday

Aletta Jacobs 163-årsdag

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

いくつかの国で表示されています。

「アレッタ・ジェイコブズ」さんって??

Aletta Jacobs:アレッタ・ジェイコブズ

オランダ初の女性医師で、女性参政権の活動家です。

「1854年2月9日」に生まれて、「1929年8月10日」に逝去されています。

そのため、生誕163周年になります。

医師であった父親を子供の頃から手伝うことにより、自身も医師になることを志ざします。

ところが、当時のオランダでは、女性が高等学校に入学し、学ぶことはできませんでした。

それでも彼女は医師になることを諦めずに、1870年に「化学者の助手」の試験に合格します。

この試験の合格により、1871年に「フローニンゲン大学」への入学が認められました。

そこで勉学に励み、1889年、オランダ初の女性医師として卒業しました。

卒業後は、ロンドンに移り、多くの女性活動家などと交流をします。

その中で、女性の好まない妊娠を防ぐための避妊具、避妊薬の重要性を感じます。

アムステルダムに戻ると、粗末ですが自分の診療所を設立しました。

女性の避妊診療所であり、様々なアドバイスや避妊具の改良のアドバイス等を行いました。この診療所は世界初の避妊診療所とも言われています。

1899年にロンドンで開催された国際女性評議会に出席した後に、彼女は医療行為をやめ、女性の参政権の活動に専念するようになりました。

第一次世界大戦の折には(1915年)、世界各地から女性平和活動家たちをオランダ、ハーグに集め、戦争の終結を訴える会議を行いました。

会議では、「政府の意思決定に女性が関わっていないことが戦争を起こす原因の一つである。」と考え、戦争の集結と女性の参政権を訴えました。

この会議は「国際女性会議」と呼ばれ、「婦人国際平和自由連盟(WILPF)」結成のきっかけになりました。

会議には後にノーベル平和賞を受賞するアメリカの女性運動家の「ジェーン・アダムズ:Jane Addams」さんや「エミリー・グリーン・ボルチ:Emily Greene Balch」さんも参加していました。

「婦人国際平和自由連盟(WILPF)」は現在も存続しており、現在では、世界で最も古い女性平和団体とされています。

その後も、1929年に亡くなるまで、女性の参政権運動を行いました。

ロゴデザイン

「アレッタ・ジェイコブズ」さんがデザインされています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 オランダのGoogleサイト:Aletta Jacobs
 → https://www.google.nl

 スウェーデンのGoogleサイト:Aletta Jacobs
 → https://www.google.se

 スペインのGoogleサイト:Aletta Jacobs
 → https://www.google.es

 イスラエルのGoogleサイト:אלטה ג’ייקובס
 → https://www.google.co.il

 カナダのGoogleサイト:Aletta Jacobs
 → https://www.google.ca

検索される言葉は「アレッタ・ジェイコブズ」です。

© 2016 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク