2017年 聖パトリックの日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年3月17日

この日、「アイルランド」をはじめとして、いくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

St. Patrick’s Day 2017

Ден на свети Патрик

セントパトリックデー 2017

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「アイルランド」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

聖パトリックの日(St Patrick’s Day)

St Patrick’s Day:聖パトリックの日

「3月17日」はアイルランドの守護聖人「聖人パトリキウス:Saint Patrick」の記念日とされています。

アイルランドにキリスト教を広めた「聖人パトリキウス」の命日です。

ラテン語で「パトリキウス Patricius」、英語名で「パトリック」

387年頃に生まれて、461年「3月17日」が命日となっています。

アイルランドでは、この日は祝日となり、シャムロックを身につけたり、ミサに行ったりする風習があります。

シャムロックは葉が3枚に分かれている草の総称で、アイルランドの国花ともなっています。

「パトリキウス」さんは、シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体(父と子と聖霊)」を表していると説明し、キリスト教の布教に利用しました。そのため、シャムロックは彼のシンボルともなっています。

アメリカでは、この日は「緑の日」と呼ばれています。

特にシカゴでは、シカゴ川を緑色に染め上げたり、シカゴ市警察では警察バッジを「緑の三つ葉」の特別な物にしたりする習慣があります。

その他、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス等でもこの日を祝うイベントが開催されています。

イギリスの聖人

イギリスを構成する4つの国には、それぞれ守護聖人がいます。

・イングランド:聖ジョージ 記念日:4月23日

・スコットランド:聖アンドリュー 記念日:11月30日

・アイルランド:聖パトリック 記念日:3月17日

・ウェールズ:聖デイヴィット 記念日:3月1日

それぞれの記念日に各国で「Google」のロゴが変化することもあります。

ロゴデザイン

アイルランド島の西方ケリー州の沖合に位置する「スケリッグ・マイケル:Skellig Michael」という島がデザインされています。

「Google」の文字とシャムロックも描かれています。

「スケリッグ・マイケル:Skellig Michael」は岩山の島で、588年に島の岩の上にケルト人により作られたという修道院が残っています。

1996年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アイルランドのGoogleサイト:St. Patrick’s Day
 → https://www.google.ie

 オーストラリアのGoogleサイト:St. Patrick’s Day
 → https://www.google.com.au

 ブルガリアのGoogleサイト:Свети Патрик
 → https://www.google.bg

 日本のGoogleサイト:聖パトリックデー
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「聖パトリックの日」です。

過去の「Googleロゴ」

過去にも「聖パトリックの日」のロゴが表示されました。

 2016年 聖パトリックの日 (2016年3月17日)

 2015年 聖パトリックの日 (2015年3月17日)

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク