Marie Harel’s 256th Birthday (Global)

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年4月28日

この日、「イギリス」をはじめとしていくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

256e anniversaire de Marie Harel !

Marie Harel’s 256th birthday!

マリー アレル 生誕256周年

ロゴ大

ロゴ小

スライドショーは以下のサイトでご確認ください。

 http://www.google.com/doodles/marie-harels-256th-birthday-global

表示された国

「イギリス」をはじめとしていくつかの国で表示されました。

「マリー・アレル」さんって??

Marie Harel:マリー・アレル

カマンベールチーズを発明したフランスの女性です。

「1761年4月28日」に生まれて、「1812年11月9日」に逝去されています。

そのため、生誕256周年になります。

カマンベールチーズは表皮が白カビに覆われた、中がやわらかいチーズです。

外の白カビで熟成させ、風味が強まり、生地もなめらかになっていきます。

「チーズの女王」とも呼ばれています。

1791年頃に「マリー・アレル」さんによって発明されたと言われています。

フランス革命時に避難をしてきた司祭から、やわらかいチーズの製法を教わり、それを独自に改良してカマンベールチーズが誕生したと言われています。

フランスの小さな村「カマンベール」が発祥の地であることから、その名が付けられました。

これには、諸説あるようです。

 「ナポレオン・ボナパルト」がカマンベールを訪れた際、彼女より振舞われたチーズの味に深く感動し、カマンベールチーズと名づけた説

 また、彼女の出身地がカマンベールではないことや、それ以前から、カマンベールチーズは販売されていたということから、彼女はカマンベールチーズの知名度を上げた人物と考える説

どちらにしても、「マリー・アレル」さんが関わったことは間違いありません。

1928年には、カマンベール村の近郊の都市「ヴィムティエ」に彼女の像が建立されました。

カマンベールチーズの伝統的な作り方は簡単に説明すると以下の通りです。

温めたミルクに乳酸菌を加えた後にレンネット(凝乳酵素)を加えます。

生乳が固まるので、型に入れます。

しばらくすると水分が抜けるので、型から取り出し塩をくわえ白カビを吹き付けます。

その後、熟成庫で白カビを繁殖させ熟成させます。

ロゴデザイン

カマンベールチーズを作る過程がスライドショーで表されています。

「マリー・アレル」さんと「牛」が協力して、チーズを作っています。

「フランス」では、説明文字入りのバージョンが表示されました。

 マリー アレル 生誕256周年(2017年4月28日)

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:Marie Harel
 → https://www.google.co.uk

 チェコのGoogleサイト:Marie Harelová
 → https://www.google.cz

 大韓民国のGoogleサイト:농부 마리 하렐
 → https://www.google.co.kr

 日本のGoogleサイト:マリー・アレル カマンベール
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「マリー・アレル」です。

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Hello Google より:

    マリー アレル,マリー アレル 生誕256周年
    http://www.hellogoogle.net/2017/04/256-mary-alleles-256th-birthday-mary.html