塙保己一 生誕271周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年6月23日

この日、「日本」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

塙保己一 誕生 271周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

日本

「塙 保己一」さんって??

塙 保己一:はなわ ほきいち

江戸時代の盲目の国学者です。

「群書類従」の編纂を行なったことで知られています。

「延享3年5月5日」に生まれて、「文政4年9月12日」に逝去しています。

現在の暦に置き換えると、「1746年6月23日」に生まれて、「1821年10月7日」に逝去しています。

そのため、生誕271周年になります。

武蔵国児玉郡木野村に生まれました。(現在の埼玉県本庄市児玉町保木野)

幼少の頃より病弱で、5歳のときの「疳の病気」が原因で、だんだん視力が弱り、7歳の時に失明します。

その後は、手のひらに文字を書いてもらい、それを覚えたり、手で触れたり、匂いを嗅ぐことで物を見分けたりしていました。

また、物覚えも良く、人から聞いた話を忘れることがなかったそうです。

1760年、15歳で江戸に向かい、「当道座(とうどうざ)」と呼ばれる男性盲人の自治的互助組織に身を寄せ、「灸」、「按摩」、「音曲(琴や三味線)」の修行をしますが、どれも芽が出ませんでした。

そこで、当道座で師匠の「雨富 須賀一:あめとみ すがいち」に学問を習いたいことを打ち明けると、「3年間は面倒をみるが、見込みがなければ国元へに帰す」と条件付きながら受け入れられました。

盲目ですので、人が音読したものを暗記することで学習しました。

また、「雨富 須賀一」さんは「塙 保己一」さんの体が弱いことを心配し「伊勢神宮」に詣ることを勧め、その旅費も工面しています。

1769年には国学者の「賀茂 真淵」さんにも入門し、彼の死までの半年間という短い期間ですが、学問を学びました。

当時の盲人組織では「検校」と呼ばれる位が最高位であり、彼はそこを目指していました。

1775年「検校」の前の「勾当」の位に進んだ時に師匠の「雨富 須賀一」さんの本姓である「塙」に姓を変え、名前も「保己一」と改めました。

中国の書「文選:もんぜん」の一節「己を保ち百年を安んず」が名前の由来といわれています。

1783年に「検校」になり、和学講談所を開設。

ここを拠点に古代から江戸時代初期までの史書や文学作品をまとめた「群書類従」の編纂を行いました。

実に「1273種」の作品を収め、「530巻666冊」に及ぶものでした、

「群書類従」は、その後の「歴史学」、「国文学」の研究に大きく貢献しています。

原稿用紙の起源??

「群書類従」は木版で製作されました。

その際に「塙 保己一」さんは、なるべく「20字 × 20行」「400字詰」に統一させました。

これが、現在の原稿用紙の起源と言われています。

ロゴデザイン

人から読んでもらった書物を暗記し、自分の頭の中の書庫に収める「塙 保己一」さんが描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 日本のGoogleサイト:塙保己一
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「塙保己一」です。

関連記事



© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    偉人の掘り起こしに感謝しつつ、和書は平置き保管じゃないのかなあ?