2017年 パリ祭

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年7月14日

この日、「フランス」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Fête nationale du 14 juillet

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

フランス

パリ祭

Fête nationale française:フランス国民祭

「7月14日」は「フランス共和国の設立」を祝う日です。

「1789年7月14日」に「フランス革命」の発端となったバスチーユ監獄襲撃、また、翌年の「1790年7月14日」におこなわれた建国記念日が起源となっています。

フランスでは祝日となっています。

ちなみに「パリ祭」という名称は日本だけの呼び名です。

フランスでは「Fête nationale française:フランス国民祭」と呼ばれています。

フランス革命の起こった背景

「1789年7月14日」のバスチーユ襲撃から始まる市民革命です。

当時のフランス国王は「ルイ16世」。

18世紀のヨーロッパは「ルソー」や「ヴォルテール」の影響で「自然権」、「平等主義」、「人民主権論」などの思想が広まっていました。

そんな中、アメリカが1776年、自由平等を掲げてイギリスから独立します。

フランス国内では「ルイ14世」時代から続く宮廷の浪費、対外戦争の出費、また1783年のラキ火山噴火に伴う農作物不作などで、国内の状況は良いといわけではありませんでした。

「ルイ16世」は色々と財政改革を行いますが、上手くいきません。

こういう状況下で市民達は国民による「国民議会」を発足させようとしました。

ヴェルサイユ宮殿の室内球戯場に集り、憲法を制定する事と国王が「国民議会」を正式な議会と認めるまで解散しない事を誓います。(球戯場の誓い)

「ルイ16世」はしぶしぶ「国民議会」を承認しますが、その他の王族や貴族達は反対し軍隊を集結することを国王に提案します。

そんな中、7月11日、平民出身で財務長官を務めていた「ジャック・ネッケル」さんが解任されてしまいます。

彼は平民出身だったことで、国民に人気がありました。

解任の理由は、王妃「マリー・アントワネット」を始め、王族に質素倹約を進言したためです。

これが契機となって「7月14日」にバスチーユ襲撃事件が起こります。
(バスチーユ牢獄は当時、火薬庫でもあったため、武器を得るために襲撃されたとも言われています。)

この襲撃後、「ジャック・ネッケル」さんは7月16日に再び財務長官に復職します。

このバスチーユ襲撃事件以降、フランス全土で平民による争乱がフランス全土で起こります。

その後の一連の騒動が「フランス革命」なり、フランスは「1792年」に王政廃止と共和政樹立が宣言され、共和制となりました。

当時のフランスの特権階級の王族、貴族と平民との差は凄い物だったようです。

それを象徴するものとして、「ルイ16世」の妃「マリー・アントワネット」の「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」といった言葉も残されています。

「共和制」となった後も混乱は続き、ナポレオンを生み出す土壌となっていきます。

ロゴデザイン

フランスのカフェテラスで7月14日を祝う国民がデザインされています。

背景には「花火」が描かれ、テーブルが「Google」の文字を表しています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 フランスのGoogleサイト:14 juillet
 → https://www.google.fr

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「7月14日」です。

過去の「Googleロゴ」

過去にも「パリ祭」のロゴが表示されました。

 2016年 パリ祭 (2016年7月9日)

 2015年 パリ祭 (2015年7月14日)

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク