2017年 ICC女子クリケットワールドカップ記念

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年7月17日

この日、「アメリカ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating the ICC 2017 Women’s Cricket World Cup

ロゴ大

ロゴ小

クリケットのゲームで遊べるロゴです。プレイすることで簡単なクリケットのルールを学ぶことができます。

簡単なルールについては後述していますので、興味のある方はご覧ください。

以下のサイトでゲームのプレイができます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-the-icc-2017-womens-cricket-world-cup

表示された国

アメリカ

女子クリケット・ワールドカップ

ICC Champions Trophy:女子クリケット・ワールドカップ

国際クリケット評議会(ICC)が4年に1度開催する「ワン・デイ・インターナショナル」方式のクリケットの国際大会です。

「ワン・デイ・インターナショナル:One Day International(ODI)」とはクリケットの試合方式です。

各チーム11人ずつ計22人で競技を行い、50オーバー(最大300球)ずつの1イニング制です。

1973年の第1回大会から数えて、今回の大会で11回目。

過去10回の大会で、オーストラリアが6回優勝、イングランドが3回優勝と、この2ヶ国が強さをみせています。

大会は、世界ランク上位の4ヶ国と、2017年2月にスリランカで開催された10ヶ国による予選を勝ち抜いた4ヶ国の計8ヶ国で行われます。

今回の大会の参加国は以下の8カ国です。

 オーストラリア
 イングランド
 ニュージーランド
 西インド諸島
 インド(予選 勝ち抜け)
 南アフリカ(予選 勝ち抜け)
 スリランカ(予選 勝ち抜け)
 パキスタン(予選 勝ち抜け)

全チーム総当たりによる「グループステージ」が行われ、上位4ヶ国が「Knock-out stage:ノックアウトステージ」に進出し、トーナメントにより優勝を争います。

決勝は「7月23日」にロンドンで行われる予定です。

本日の時点で、グループリーグが終了し、ノックアウトステージに進出する4カ国が決定しています。

イングランド(グループリーグ1位) vs 南アフリカ(グループリーグ4位)

オーストラリア(グループリーグ2位) vs インド(グループリーグ3位)

上記の組み合わせで準決勝が行われ、勝利チーム同士が「6月23日」に決勝戦を行います。

ロゴデザイン

「女子クリケット・ワールドカップ」の「Knock-out stage:ノックアウトステージ」への進出国4カ国の決定に合わせてロゴが表示されました。

元の英国植民地、イギリスを盟主とするイギリス連邦などクリケットの盛んな国々では、開幕の日「2017年6月24日」にロゴが表示されました。

クリケットのゲームで遊べるロゴです。

以下のサイトでゲームのプレイができます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-the-icc-2017-womens-cricket-world-cup

バッターの「バッタ」を操作して高得点を狙います。

ゲームについて

クリケットの攻撃側のチームとなり、得点を狙います。

バットのマークを「クリック / タップ」することで、ボールを打ち返します。

守備側は「ボウラー:投手」1名、「ウィケットキーパー:捕手」1名、そしてフィールダー(野手)9名の計11名。

「投手」と「バッター」の位置には両方に「ウィケット」と呼ばれる杭が置かれています。

バッターと、次のバッターが2つの「ウィケット(杭)」の位置について攻撃が始まります。

バッターが球を打つと、バッター、そして次のバッターが逆側の「ウィケット(杭)」に向かって走ります。

2人が共に逆側の「ウィケット(杭)」に到達すれば「1点」が加算されます。

守備側は、打たれたボールをフィールダーが捕球し、「ウィケット(杭)」に戻すことでバッターをアウトにします。

ボールが「ウィケット(杭)」に戻ってくるまでに、「ウィケット(杭)」を往復してもよく、その走った距離に応じて点数が異なります。

また、打ったボールがゴロでフィールドの端まで到達した場合は「4点」、フライで超えた場合は「6点」が得点されます。

ゲームを何回かプレイしていくと、なんとなくルールが解ってくると思います。

クリケットの攻撃は、自分がアウトになるまで、何度も打つことができます。

アウトの条件は、以下の通りです。

・打った後に逆側の「ウィケット(杭)」に到達するまえにボールが戻ってくること

・フライを打って捕球されること

・「ボウラー:投手」の投球で「ウィケット(杭)」を倒されること

このゲームでは、「ボウラー:投手」の投球で「ウィケット(杭)」を倒されることのみがアウトの条件になっています。

アウトにならないように高得点を目指しましょう。

実際のクリケットでは、フィールドは「ウィケット(杭)」を中心に360度に広がっており、その、どの方向に打ってもOKとなっています。

ボウラーの投球についても、「ウィケット(杭)」を倒されない限り、何度見送っても大丈夫です。

このゲームをプレイすると、少しクリケットへの興味が湧いてきます。

ゲームは「50点」を超えたぐらいから、緩急をつけた投球となり、難易度が上がってきます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカ合衆国のGoogleサイト:Women’s Cricket World Cup 2017
 → https://www.google.com

検索される言葉は「女子クリケットワールドカップ 2017」です。

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク