クレア ホリングワース 生誕106周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年10月10日

この日、イギリスをはじめとしていくつかの国々で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Clare Hollingworth’s 106th birthday

Clare Hollingworth – 106. rocznica urodzin

106. výročí narození Clare Hollingworthové

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

イギリスをはじめとしていくつかの国々で表示されました。

「クレア・ホリングワース」さんって??

Clare Hollingworth:クレア・ホリングワース

イギリスの女性記者です。

第2次世界大戦勃発の第1報、「世紀のスクープ」を報じたことで知られています。

「1911年10月10日」に生まれて、「2017年1月10日」に逝去されています。

そのため、生誕106周年となります。

1911年、イギリスのレスターで生まれます。

1938年、「ミュンヘン会談」でチェコ北部の「ズデーテン」地区がドイツに組み込まれることになります。

「ズデーテン」地区はドイツ人が多い土地ではありましたが、チェコ人も多く住んでおり、難民が発生することになりました。

彼女は、その時に、ポーランドでナチス・ドイツに追われた難民の救助活動に取り組みます。

イギリスのビザを手配することで、多くの人を救いました。

その後、27歳で、英紙デーリー・テレグラフの記者となります。

1939年8月、新人記者としてポーランドに派遣されました。

派遣先であるポーランドで、取材のため移動中に、ドイツとポーランド国境付近でナチス・ドイツ軍の戦車が集結しているのを目撃。

その様子を「戦車千両がポーランド国境に集結、十師団が侵攻に向けて待機」とレポート。

「8月29日」付のテレグラフ紙の記事となりました。

その直後の「1939年9月1日」、ポーランドで、ドイツの侵攻を目にします。

すぐに英国大使館にドイツの侵攻を報告しますが、信じてくれないため、窓の側で電話越しにドイツ軍の音を伝えました。

この報告が英国が受け取った最初の報告でした。

これが後に「世紀のスクープ」と呼ばれることになります。

その後も、ベトナム、アルジェリア、中東の各紛争、そして中国の文化大革命も報道。

1981年に引退するまで、世界の様々な国で報道を行いました。

引退後は香港に移り、晩年を過ごしました。

晩年は視力を失いましたが、いつでも外国に取材に行けるよう、常にパスポートを枕元に置いていたといわれています。

ロゴデザイン

「クレア・ホリングワース」さんがタイプライターで記事を書く様子がデザインされています。

背景には新聞やノートなどが描かれており、「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:Clare Hollingworth
 → https://www.google.co.uk

 ポーランドのGoogleサイト:Clare Hollingworth
 → https://www.google.pl

 チェコのGoogleサイト:Clare Hollingworthová
 → https://www.google.cz

 クロアチアのGoogleサイト:Clare Hollingworth
 → https://www.google.hr

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「クレア・ホリングワース」です。

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク