2017年 カンボジア独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年11月9日

この日、「カンボジア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

អបអរសាទរ​​ពិធី​​បុណ្យ​ឯករាជ្យ​ជាតិ ២០១៧

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

カンボジア

独立記念日

បុណ្យ​ឯករាជ្យ​ជាតិ:独立記念日

「11月9日」はカンボジアの独立記念日です。

「1953年11月9日」にフランスから独立しています。

9世紀〜14世紀にかけてはクメール人の「クメール王朝」がありました。

12世紀〜13世紀にかけて最盛期を迎え現在の「アンコールワット」等の遺跡などが建造されました。

その後、「クメール王朝」はタイ族の「アユタヤ王朝」の侵攻により、占領されてしまいます。(14世紀後半)

16世紀以降になると、ヨーロッパ各国が東南アジアに進出していきます。

カンボジアの地にも、ポルトガル、スペイン、フランス等のヨーロッパ諸国が進出してきました。

各国の勢力争いの結果、19世紀中頃に、フランスによるインドシナ半島の植民地化が始まります。

1863年に、フランス・カンボジア保護条約が調印され、フランスの保護国となります。

さらに1887年には「カンボジア」はフランス領インドシナ(他にベトナムやラオス等)に編入されることとなります。

第2次世界大戦が始まると、日本が侵攻してきて、占領していまいます。

この侵攻の際に、日本はフランス保護国だった各国に、「武力行使の決意」と「独立を宣言することが可能である」という使者を送って、フランスに対して共闘することを呼びかけていました。

この結果、1945年3月9日、日本軍がインドシナの駐留フランス軍を攻撃。フランス領インドシナを制圧しました。

フランス撃破後の「3月13日」に日本との約束通り「カンボジア」は独立を宣言しました。

ですが、日本はこの戦争に負けてしまいます。

もちろん、独立宣言は取り消されることとなり、フランス領に復帰することとなります。

独立宣言は取り消されますが、独立の機運は収束することはなく、同じフランス領インドシナの「ベトナム」においてフランスとの「インドシナ戦争」が始まります。

戦争後、フランスがインドシナより撤退、フランス領インドシナの「カンボジア」、「ベトナム」、「ラオス」等が独立するきっかけとなります。

1949年にフランスを宗主国とする「フランス連合」という枠組みの中で、独立しました。

そして「1953年11月9日」に独立宣言を行い、完全独立を果たしています。

この日、カンボジアでは盛大な祝典が行われます。

ロゴデザイン

「Google」の文字の中にカンボジア国旗が描かれています。ロゴカラーは、国旗の色が元になっています。

国旗の中央には世界遺産にもなっている「アンコールワット」が描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 カンボジアのGoogleサイト:បុណ្យ​ឯករាជ្យ​ជាតិ ២០១៧
 → https://www.google.com.kh

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「独立記念日 2017」です。

過去の「Googleロゴ」

過去にもカンボジアの「共和国記念日(建国記念日)」のロゴが表示されました。

 2015年 カンボジア独立記念日 (2015年11月9日)

関連記事


© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク