ホセ クレメンテ オロスコ 生誕134周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年11月23日

この日、「メキシコ」、「ペルー」、「チリ」、「アルゼンチン」、「ウルグアイ」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

134º aniversario del nacimiento de José Clemente Orozco

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

メキシコ、ペルー、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ

「ホセ・クレメンテ・オロスコ」さんって??

José Clemente Orozco:ホセ・クレメンテ・オロスコ

メキシコの芸術家です。メキシコ壁画運動の画家としてよく知られています。

「1883年11月23日」に生まれて、「1949年9月7日」に逝去されています。

そのため、生誕134周年となります。

子供の頃、近所にメキシコの風刺画家「ホセ・グアダルーペ・ポサダ」のアトリエがあり、たびたび訪れ、芸術に影響を受けました。

その後、国立サン・カルロス美術学校で絵画を学びました。

20歳の頃に事故で左手を失ってしまいますが、精力的に芸術活動を行いました。

メキシコ革命の最中は、革命の意義やメキシコ人としての自主性を民衆に伝えることを目的とした絵画運動「メキシコ壁画運動」に参加。

主に古代メキシコの神話やメキシコの生活をテーマにした壁画を描きました。

「ディエゴ・リベラ」さん、「ダビッド・アルファロ・シケイロス」さんと共に、「メキシコ壁画運動」の三大巨匠として名を馳せますが、彼は、革命を賞賛する壁画ばかりではなく、革命の負の部分を描いた壁画も描きました。

このことが非難され、一時アメリカへと拠点を移しました。

のちにメキシコに帰国し、メキシコに潜む問題などをテーマにした作品を多く残しました。

彼の代表作はメキシコ独立の父と呼ばれる「ミゲル・イダルゴ」さんを描いた「立ち上がる僧侶イダルゴ」です。

ロゴデザイン

「ホセ・クレメンテ・オロスコ」さんの作品「Las riquezas nacionales」がモチーフになっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 メキシコのGoogleサイト:José Clemente Orozco
 → https://www.google.com.mx

 ペルーのGoogleサイト:José Clemente Orozco
 → https://www.google.com.pe

 チリのGoogleサイト:José Clemente Orozco
 → https://www.google.cl

 アルゼンチンのGoogleサイト:José Clemente Orozco
 → https://www.google.com.ar

 ウルグアイのGoogleサイト:José Clemente Orozco
 → https://www.google.com.uy

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ホセ・クレメンテ・オロスコ」です。

関連記事



© 2017 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク