ウィリアム ヘンリー パーキン卿 生誕180周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年3月12日

この日、「イギリス」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Sir William Henry Perkin’s 180th Birthday

180º aniversario del nacimiento de Sir William Henry Perkin

ウィリアム パーキン 生誕 180 周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「イギリス」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ウィリアム・パーキン」さんって??

William Henry Perkin:ウィリアム・ヘンリー・パーキン

イギリスの化学者です。

世界初の合成染料である「モーブ:Mauve」を発見したことで知られています。

「1838年3月12日」に生まれて、「1907年7月14日」に逝去されています。

そのため、生誕180周年となります。

ロンドンのイーストエンドに生まれ、15歳にして王立化学大学(現:インペリアル・カレッジ・ロンドン)で学んでいました。

当時、王立化学大学に招かれていたドイツ人の化学者「アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン」の元で学びます。

ホフマンは「アニリン」に関する研究を生涯に渡って行いました。

1856年(18歳)の休暇中、ホフマンはドイツに帰国していましたが、彼は粗末な自宅で実験を行なっていました。

1820年に発見された「キニーネ」を使って実験をしていました。

キナの樹皮から取り出すことのできる「キニーネ」は、解熱などに効果があり、古くからマラリアの特効薬として使用されていましたが、まだ詳しい構造なども判明していませんでした。

彼も「キニーネ」の構造の判明を目指し、色々な化合物を使って合成実験を行いますが、望んだ結果を得ることはできませんでした。

その際に、たまたま、師であるホフマンや自身も研究をしていた「アニリン」で同じ実験を行ってみました。

「アニリン」をニクロム酸カリウムで酸化したところ、「黒い生成物」が生み出されました。

それをアルコールに溶かすと鮮やかな「紫色の溶液」となりました。

彼は、それが染色に活かせないか、、、と考えました。

実際に試してみたところ、羊毛や絹を染色できることがわかりました。

世界初の合成染料の誕生です。

当時は天然染料しかなく、特に「紫」の色は、希少な貝を原料とした高価なものでした。

彼はすぐに、この生成物を「モーブ:Mauve」と名付け、特許を取得、製造する工場を設立します。

これまで高価だった「紫」の織物が、手頃な価格で入手できるようになったわけです。

その後、綿にも染色できる技術が生み出され、彼の生み出した「合成染料」は世間に広まっていきました。

また、この影響で、続々と「アニリン」を基にした染料が生み出され、織物の世界に広がっていきました。

彼自身も、他にいくつかの合成染料を生み出しています。

彼の染料の発見により、化学が一般的な工業と結びつき、活用できることが実証されました。

これが元となり、これまで無縁と思われていた「工業における化学研究」などの活動も盛んになっていくこととなります。

1879年に王立協会のフェローに選出され、「ロイヤル・メダル」を受賞しています。

1906年には、アメリカで「パーキンメダル:Perkin Medal」という賞が設立されました。(モーブの発見50周年を記念しての設立)

これは、「応用化学に革新をもたらし、その結果、商業の発展に顕著な業績のあった者」に対して授与されます。

1906年の第1回の「パーキンメダル」は、「ウィリアム・パーキン」、彼自身に与えられました。

ロゴデザイン

「ウィリアム・パーキン」さんが描かれています。手には「紫」の染料を手にしています。

彼の生み出した「モーブ:Mauve」の「紫」の色を基調にしたロゴになっています。

「紫」の生地が「Google」の文字を表しています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:Sir William Henry Perkin
 → https://www.google.co.uk

 インドのGoogleサイト:Sir William Henry Perkin
 → https://www.google.co.in

 パラグアイのGoogleサイト:Sir William Henry Perkin
 → https://www.google.com.py

 日本のGoogleサイト:ウィリアム パーキン
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ウィリアム・パーキン」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. julie より:

    Sir William Henry Perkin’s 180th Birthday Google Doodle http://gsemobiles.com/sir-william-henry-perkins-180th-birthday-google-doodle/