2018年 国王の日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年4月27日

この日、「オランダ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Koningsdag 2018

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

オランダ

国王の日(Koningsdag)

Koningsdag:国王の日

「4月27日」はオランダでは「国王の日:Koningsdag」とされています。

オランダ王の誕生を祝う、オランダの祭日です。

オランダでは、最大の国家的行事とされており、パレードやイベントが各地で開催されます。

現国王(第7代目国王)の「ウィレム=アレクサンダー」さんの誕生日が「4月27日」ですので、その日に由来しています。

オランダは女帝もOKのため、女王の場合は「女王の日」と呼ばれます。

元々は1885年の「ウィレム3世」(第3代目国王)の時代に「ウィルヘルミナ王女」(第4代目王女)の誕生日「8月31日」を「女王誕生日」としたことが始まりとされています。

現国王(第7代目国王)が即位が即位したのが「2013年4月30日」ですので、翌年の誕生日「2014年4月27日」から、現在の「4月27日」が「Koningsdag:国王の日」となりました。

ちなみに、それ以前は「4月30日」でした。

第5代目女王「ユリアナ」さんの誕生日だったそうです。

ここで、あれ?? 6代目の国王の誕生日ではなかったの?? という疑問が出てきます。

第6代目にあたるの女王「ベアトリクス」さんの誕生日は「1月31日」だったのですが、屋外で行われる祝賀行事に不向きな季節であることと、そして、母である先代への敬意から日付は変更されなかったそうです。

「Koningsdag」は王の誕生日であることから、王の場合は「国王誕生日」、女王の場合は「女王誕生日」と言われることもあります。

ロゴデザイン

「Koekhappen:クックハッペン」というゲームを楽しむ様子がロゴデザインになっています。

「クックハッペン」の「クック:Koek」とはクッキーの語源となった言葉。

「パン食い競争」のパンが「ケーキ」に変わったような遊びです。

木などに吊るされたケーキを、誰が一番早く食べるか競います。

「Google」の文字も見受けられます。

また、オランダ国旗のカラーがリボンのように描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 オランダのGoogleサイト:Koningsdag 2018
 → https://www.google.nl

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「国王の日 2018」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「Googleロゴ」

過去にも「国王の日」のロゴが表示されました。

 2017年 国王の日 (2017年4月27日)

 2016年 国王の日 (2016年4月27日)

 2015年 オランダ王の日 (2015年4月27日)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. prosperdistribuidora より:

    どうもありがとうございました!http://viagraqoid.com/