マリナリーニ サラバイ 生誕100周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年5月11日

この日、「インド」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Mrinalini Sarabhai’s 100th birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

インド

「マリナリーニ・サラバイ」さんって??

Mrinalini Sarabhai:マリナリーニ・サラバイ

インドのダンサー・演出家です。

伝統的な舞踊「バラタナティヤム」の踊り手として活躍し、伝統芸術・舞台の発展に大きく寄与した方です。

「1818年5月11日」に生まれて、「2016年1月21日」に逝去されています。

そのため、生誕100周年となります。

インドのケララ州で生まれました。

父親は弁護士、そして、母親はインドの活動家で、インドの独立活動や、独立後は国会議員として活躍した「Ammu Swaminathan:アム・スワミナタン」さん。

裕福な家に生まれました。

幼少の頃はスイスで過ごしました。そこで、ヨーロッパのダンスを学びます。

インドのサンティニケタンに戻ると、アジア人で初めてノーベル賞(文学賞)を受賞した思想家「Rabindranath Tagore:ラビンドラナート・タゴール」さんの元で学び、その考え方に感銘を受けました。

伝統芸術の第一人者「Guru Kunchu Kurup:クンジュ・クルップ」さんに師事し、インド南部の伝統的なダンスである「バラタナティヤム」を学びます。

そして、ダンサーとして活躍を始めます。

1942年、インドの「宇宙計画の父」と呼ばれる物理学者の「Vikram Sarabhai:ビクラム・サラバイ」さんと結婚。

ダンサー以外にも、演出家、劇作家として、小説、詩を元に新たな演劇を多数生み出しました。

1949年には、アフマダーバードに舞台芸術のためのアカデミー「Darpana Academy of Performing Arts」を設立。

後進の指導にもあたりました。

その活動によりインド政府より1965年に「パドマ・シュリ勲章」を、そして1992年には「パドマ・ブーシャン勲章」を授与されています。

ちなみに姉妹にはインドの女性活動家、独立戦争でも活躍した「ラクシュミー・スワミナタン」さんがいます。

ロゴデザイン

「マリナリーニ・サラバイ」さんと、伝統的な舞踊がロゴデザインになっています。

彼女の設立したアカデミーの舞台がモチーフになっているようです。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 インドのGoogleサイト:Mrinalini Sarabhai
 → https://www.google.co.in

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「マリナリーニ・サラバイ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク