2016年 聖デイヴィッドの日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年3月1日

この日、「イギリス」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

ロゴ大

1603011

ロゴ小

1603012

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

1603013

イギリス

聖デイヴィッドの日

「聖デイヴィッドの日」について調べてみました。

聖デイヴィッド:Saint David

500年頃〜589年頃のウェールズの聖職者。

589年3月1日が命日とされており、その日が記念日となっています。

カトリック教会・聖公会・西方奉神礼正教で聖人とされており、ウェールズの守護聖人です。

ウェールズでのキリスト教の興盛に多大な貢献を行った方です。

西暦530年ごろ、ウェールズの最南西端にある生まれ故郷に、修道院を建てました。
ここが、現在は「セント・デイヴィッズ」(St David’s)と呼ばれる地です。

修道院は、後に「セント・デイヴィッズ大聖堂」となり、キリスト教徒の巡礼地として、大きく賑わいました。

質素な生活と禁欲主義を実行し、信徒らにも菜食主義を説いたそうです。

毎年この日には、ウェールズをあげての祭典が行われます。

この日はウェールズの国花である水仙やリーキを身につける事が習慣となっています。

ロゴデザイン

水仙やリーキで「Google」の文字が形作ってあります。

また、ウェールズの旗の「赤い竜(Y Ddraig Goch:ア・ドライグ・ゴッホ)」も描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

イギリスのGoogleサイト「St. David’s Day」
 → https://www.google.co.uk

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「聖デイヴィッドの日」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク