Evidence of water found on Mars

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年9月29日

火星で発見された水の証拠

ロゴ大

1509291

ロゴ小

1509292

表示された国

1509293

世界各国

火星に水が存在!?

「Evidence of water found on Mars」

訳すと「火星で水の痕跡が見つかった!!」といったところ。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が28日(日本時間で29日)火星に液体の水が流れている新たな証拠を発見したと発表しました。

これを受けて、「Google」のロゴデザインが世界中で変化しています。

これまで、火星の極地などには現在も大量の氷があることが知られていましたが、水が液体で存在するかどうかは不明でした。

NASAによると、火星を周回している探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」の観測結果から、火星表面の4ヶ所で「水と塩類の化合物」を確認したとのことです。

今回の観測確認地点では、過去に、急斜面の一部に川が流れた跡のような「筋」が見つかっていました。

春から夏の頃にだけ黒っぽい筋が現れ、冬になると消えてしまうことから、液体の水が流れている可能性が高いと見られていましたが、あくまで仮説であり、それを裏付ける証拠がこれまで見つかりませんでした。

今回の観測結果で「水と塩類の化合物」の化合物が確認されたことで、この模様が「塩水が流れていた跡」である可能性が高いと分析しています。

「火星は現在でも季節と地域によって水が液体で存在する可能性を示す観測結果」ということで非常に注目が集まっています。

これに関する研究成果は、アメリカアリゾナ大学とアメリカ航空宇宙局(NASA)などの研究チームが29日、科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表しています。

もし「水」が現在でも季節によって火星に液体で存在する場合、生命存在の可能性も十分に考えられます。今後の観測、研究に期待したいですね。

火星の公転周期は「約687日」

地球でいう1年が、火星では、ほぼ倍の長さということですね。

今回の観測を受け、火星の研究も大きく前進しそうです。

マーズ・リコネッサンス・オービターについて

今回の観測を行った「マーズ・リコネッサンス・オービター」とは何か?? というと、、、

Mars Reconnaissance Orbiter(略称:MRO)

NASAが開発した、火星の周回軌道から火星を調査、探索する探査機です。

2005年8月12日に打ち上げられ、2006年3月10日に、火星の周回軌道に到達。同年11月から観測を開始しています。

その他、NASAは「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」や「2001マーズ・オデッセイ」等、いくつかの探査機を運用しています。

日本での火星探査

ちなみに日本でも以前、火星探査機「のぞみ」を打ち上げています。

1998年7月4日に打ち上げられ、火星へ約1000kmの地点まで接近しましたが、2003年7月9日に「のぞみ」からの電波が途切れています。

その後、地球から一方的に電波を送るだけの状況になり、2003年12月に探査打ち切りとなりました。

現在では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)を中心として「MELOS」という火星探査計画が進行しています。

MELOS(ミーロス)= Mars Exploration with Lander-Orbiter Synergy

火星面に着陸して科学調査を行う火星探査計画です。

ロゴデザイン

「Google」の「o」が火星になっていますね。

水が見つかったので、水を飲んでいる「火星」がデザインされています。

クルッと振り向いて、コップに入った水をストローで飲み干し、ニッコリと笑います。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

日本のGoogleサイト「火星」
 → https://www.google.co.jp

アメリカのGoogleサイト「Mars」
 → https://www.google.com

ロシアのGoogleサイト「Марс」
 → https://www.google.ru

フランスのGoogleサイト「Mars」
 → https://www.google.fr

ザンビアのGoogleサイト「Mars」
 → https://www.google.co.zm

検索される言葉は、「火星」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク