日本初の時刻表 発行121周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年10月5日

ロゴ大

1510051

ロゴ小

1510052

表示された国

1510053

日本

日本初の時刻表

1894年10月5日、日本初の定期・月刊時刻表「汽車汽船旅行案内」が庚寅新誌社から刊行されています。

これが日本初の定期発行の時刻表となっています。

それから数えて、今年で121周年。

ちなみに日本初の鉄道は、1872年10月(当時は旧暦で9月)「新橋〜横浜」間で開業されています。

開業当初から時刻表は存在していたようですが、その時は「9時」の表記は「9」と「字」で表記していたそうです。

また、当時の距離も「km」ではなく、「哩」で表記されていたとのこと。

「哩」=マイル 1マイルは 1760ヤードで、約 1.609kmです。

定期的に発刊される時刻表については、1894年10月5日の「汽車汽船旅行案内」が初めてですが、それ以前にも時刻表はいくつか発行されています。

初の市販時刻表は、日本初の鉄道「新橋〜横浜」間が開通した1872年10月14日の翌日に横浜活版社が発行した「時刻表及賃金表」です。

この「時刻表及賃金表」の発行以前は、時刻表といえば、駅に貼り出してある分だけだったようです。

その後、「汽車汽船旅行案内」が発刊され、さらに、1889年7月1日に「東京〜神戸」までが開通した際に、初めて現在のような「冊子タイプ」の時刻表「改正鉄道便覧」が発行されます。

現在では冊子型の時刻表が発売されているのはもちろん、インターネットやスマートフォンでも簡単に時刻表を調べることができます。

便利な世の中になりましたね。

ロゴデザイン

時刻表がデザインされています。

「足柄山 – 竜宮城 – 月の都」と記載があります。

「金太郎」に、「浦島太郎」に、「かぐや姫」でしょうか。日本の伽話がモチーフになっているようです。

時刻の部分はよく見ると「Google」の文字が隠されています。

「青」「赤」「黄」「青」「緑」「赤」の色で文字が確認できます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

日本のGoogleサイト「日本初の時刻表」
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「日本初の時刻表」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク