マリーナ・イヴァーノヴナ・ツヴェターエワ 生誕123周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年10月8日

ロゴ大

1510081

ロゴ小

1510082

表示された国

1510083

ロシア

「マリーナ・イヴァーノヴナ・ツヴェターエワ」さんって??

「Мари́на Ива́новна Цвета́ева」

ロシアの詩人です。女性の方です。

1892年10月8日に生まれ、1941年8月31日に逝去されています。

モスクワで生まれ、1910年、処女詩集「夕べのアルバム」を自費出版し、高い評価を受けます。

その後、詩人として活躍していきます。

1912年に結婚。ロシア革命時に夫が反革命側(白軍)に参加し、亡命したことから、彼女も1922年に夫を追って亡命します。

チェコやパリなど、西欧を転々としますが、そこでも創作活動を続けます。

その後、夫がソ連諜報機関の工作活動に関与し、帰国せざるをえない状況になります。

夫を追って1939年に帰国しますが、夫は逮捕されてしまいます。

失意の「マリーナ・ツヴェターエワ」さんは1941年に首を吊り自殺します。

夫も処刑されてしまいます。

その後、ソビエトでスターリン独裁体制が終わると、「マリーナ・ツヴェターエワ」さんの娘が精力的に母親の作品を探し出し、彼女の復権を求めて行きます。

現在ではロシアでも人気のある詩人として知られています。

夫を追って亡命、帰国という、夫だけをを愛した人生を送ったように見えますが、実際は、結婚の前後に関わらず、数多くの恋愛(同性愛も含む)を行い、それを作品に昇華されています。

そのため、叙情詩、特に恋愛に関する情熱や憂いを題材にした作品が多いようです。

ロゴデザイン

ペンを手にした「マリーナ・ツヴェターエワ」さんです。

左手にペンを持っていますので、左利きだったのでしょうか?

後ろには「Google」の文字が見てとれます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

ロシアのGoogleサイト「марина цветаева」
 → https://www.google.ru

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「マリーナ・ツヴェターエワ」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク