ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン 生誕67周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年10月13日

ロゴ大

1510131

ロゴ小

1510132

表示された国

1510133

パキスタン、インド、スウェーデン、ガーナ、ケニア、日本

「ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン」さんって??

「نصرت فتح علی خان(Nusrat Fateh Ali Khan)」

パキスタンのミュージシャンです。

1948年10月13日に生まれ、1997年8月16日に逝去されています。(享年48歳)

そのため、今年で生誕67周年となります。

イスラム教神秘主義スーフィズムにおける儀礼音楽「カッワーリー」の歌い手です。

「カッワーリー」とは、宗教歌謡のことです。

神聖な音楽であり、聖廟などで集会の時等に演奏されます。

堅苦しい感じがしますが、実際はイスラム圏で人気がある大衆音楽です。

「カッワーリー」の演奏スタイルは基本的にはメインボーカル、ハルモニウムという小型の手回しオルガン、サブボーカル、タブラ(パーカッション)、それに数人の手拍子と声となります。

時にはその他にも楽器が入ることもあります。

「ヌスラト」さんは、600年にも渡って、代々「カッワーリー」の演奏の伝統を引き継ぐ家庭に生まれました。

1964年に「カッワーリー」の歌い手として活動を始めると、またたく間に歌い手としての地位を確立します。

パキスタンやインド等で人気を獲得すると、西洋の音楽シーンにも進出します。

彼の歌を絶賛した「Peter Gabriel(ピーター・ガブリエル)」さん主催の「ウォーマッド」(WOMAD, World of Music, Arts and Dance)フェスティバルに出演したことにより、一気に世界的な知名度が上がります。

マーティン・スコセッシ監督の映画「最後の誘惑」、ティム・ロビンス監督の映画「デッド・マン・ウォーキング」のサントラにも参加しています。

イスラム圏の伝統的な大衆音楽「カッワーリー」を世界的なポピュラーミュージックに昇華させた偉大なミュージシャンとしても知られています。

日本にも何度か来て、来日公演を行っているようです。

インド、パキスタンでの人気はもちろんのこと、南アジアでは有名なミュージシャンの1人でしょう。

イギリスの月刊音楽雑誌「Q(キュー)」が2003年に発表した「歴史上最も偉大な100人のシンガー」にて56位にランクインしています。

ロゴデザイン

歌っている「ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン」さんです。

後ろには、ハルモニウムとタブラ、手拍子などを担当する人が描かれています。

挙げているてが「Google」の文字の「l」を構成しています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

パキスタンのGoogleサイト「Nusrat Fateh Ali Khan」
 → https://www.google.com.pk

インドのGoogleサイト「Nusrat Fateh Ali Khan」
 → https://www.google.co.in

スウェーデンのGoogleサイト「Nusrat Fateh Ali Khan」
 → https://www.google.se

ガーナのGoogleサイト「Nusrat Fateh Ali Khan」
 → https://www.google.com.gh

日本のGoogleサイト「ヌスラト ファテー アリー ハーン」
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンン」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク