2015年 ラトビア独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年11月18日

この日、「ラトビア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

ロゴ大

1511185

ロゴ小

1511186

表示された国

1511187

ラトビア

独立記念日の由来

ラトビアの独立記念日は「11月18日」となっています。

「1918年11月18日」に独立を宣言したことに由来します。

ラトビアの土地は、ヨーロッパ諸国、ロシアなど、近年になるまで、色々な国の領土として存在してきました。

18世紀にはロシアの支配下にありました。

そして、1914年〜1918年にかけて第1次世界大戦が起こります。

1915年、ドイツ軍が当時ロシア領だったポーランドの地に侵攻、ロシア帝国は対抗できずにポーランド全土を放棄する「大撤退」を行います。

このような状況と同じくして、ロシアでは1917年にロシア革命が起こります。

その混乱に乗じて「1918年11月18日」ロシア帝国からの独立を宣言しました。

ところが革命後、ロシアは「ソビエト連邦」へ変わります。

また、第1次世界大戦でも、攻め込んできたドイツは敗戦国となりました。

そして、「ソビエト連邦」は、独立を宣言したラトビアを攻撃してきます。(ラトビア独立戦争)

この戦争に勝利し、独立を勝ち取ります。

「第二次世界大戦」時には「ソビエト連邦」に占領され、戦後は「ラトビア・ソビエト社会主義共和国」として「ソビエト連邦」の構成国の1つとなります。

そして、「ソビエト連邦」が崩壊した1991年8月21日に再度「ソビエト連邦」から独立しています。

ロシア帝国からの独立を宣言した日が「独立記念日」の由来となっています。

ロゴデザイン

「Google」の文字の間にラトビアの国旗がデザインされています。

1511188

背景はラトビアの「ガウヤ国立公園」の風景のようです。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

ラトビアのGoogleサイト「Latvijas Republikas proklamēšanas diena」
 → https://www.google.lv

検索される言葉は、「ラトビア独立記念日」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク