Suzanne Lenglen’s 117th Birthday

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年5月24日

この日、「アイスランド」、「イギリス」、「フランス」、「スウェーデン」、「デンマーク」、「エストニア」、「リトアニア」、「セルビア」、「ブルガリア」、「ギリシャ」、「モロッコ」、「アルジェリア」、「チュニジア」、「リビア」、「サウジアラビア」、「イラク」、「ヨルダン」、「オマーン」、「アラブ首長国連邦」、「カザフスタン」、「インドネシア」、「台湾」、「大韓民国」、「日本」 等でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Il y a 117 ans naisait Suzanne Lenglen

Suzanne Lenglen’s 117th Birthday

スザンヌ ランラン 生誕 117周年

ロゴ大

1605241

ロゴ小

1605242

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

1605243

アイスランド、イギリス、フランス、スウェーデン、デンマーク、エストニア、リトアニア、セルビア、ブルガリア、ギリシャ、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、サウジアラビア、イラク、ヨルダン、オマーン、アラブ首長国連邦、カザフスタン、インドネシア、台湾、大韓民国、日本 等

「スザンヌ・ランラン」さんって??

Suzanne Lenglen:スザンヌ・ランラン

フランス、パリ出身の女子テニス選手です。

1899年5月24日に生まれて、1938年7月4日に逝去されています。

そのため、生誕117周年になります。

4大大会シングルスで「全仏6勝」、「全英6勝」、ダブルスで「全仏6勝」、「全英6勝」、混合ダブルスで「全仏7勝」、「全英3勝」の記録を残しています。

ただし、全仏選手権は1925年より前はフランス人しか出場できませんでした。

現在のような国際大会になったのは1925年からですので、国際大会の優勝記録として数えられるのは、全仏では「シングルス2勝」、「ダブルス2勝」、「混合ダブルス2勝」となっています。

その他にも1920年のアントワープオリンピックでは「シングルス」と「混合ダブルス」で金メダルを獲得しています。

20世紀初頭を代表する名プレイヤーの一人です。

現在でも、フランスでは「テニスの女神」として敬愛されています。

彼女の正式な名前は「Suzanne Rachel Flore Lenglen(スザンヌ・レイチェル・フローレ・ランラン)」です。

彼女は幼少時に体が弱かったことから健康促進のためにテニスを始めたそうです。

1914年、15歳の時「全仏選手権混合ダブルス」で、「マックス・デキュジス」選手(1882年 – 1978年)とペアを組んで初優勝を果たしています。

「マックス・デキュジス」選手も全仏選手権で「シングルス8勝」、「ダブルス13勝」、「混合ダブルス3勝」を果たした名選手です。

その後、全英(ウインブルドン)で5連覇を達成するなど、名選手として活躍しました。

また、1926年7月には興行としての「プロテニス」を創設するため「C・C・パイル社」と契約し、世界で最初の「プロテニス選手」になりました。

彼女を含め、6名の選手がプロテニス選手となり、1926年の冬から1927年にかけて北アメリカで行われた史上初の「プロテニスツアー」に参加しました。

その後、テニススクールを開校しましたが、1938年7月4日に白血病のため39歳の若さで逝去しました。

全仏オープンの会場である「スタッド・ローラン・ギャロス」には、彼女の名前を冠した「スザンヌ・ランラン・コート(収容人員:10,068)」がセンター・コートに隣接しています。

また、同大会の女子シングルスの優勝者に送られる優勝カップにも「スザンヌ・ランランカップ」の名がつけられています。

ロゴデザイン

テニスをプレーする「スザンヌ ランラン」さんです。

華麗な動きが表現されています。また、壁には「Google」の文字が記載されています。

現在、全仏選手権が開催中です。

全仏は4大大会で唯一、クレー(赤土=レンガの粉)コートを利用することでも知られています。

残念ながら、今回のロゴは赤土のデザインではありません。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 フランスのGoogleサイト:Qui était Suzanne Lenglen ?
 → https://www.google.fr

 イギリスのGoogleサイト:Suzanne Lenglen’s 117th Birthday
 → https://www.google.co.uk

 アルジェリアのGoogleサイト:Qui était Suzanne Lenglen ?
 → https://www.google.dz

 セルビアのGoogleサイト:Сузан Ленглен
 → https://www.google.rs

 日本のGoogleサイト:スザンヌ ランラン
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「スザンヌ・ランラン」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク