シャルル・ペロー 生誕388周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年1月12日

この日、「世界各国」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

ロゴ大

1601121

1601122

1601123

ロゴ小

1601125

表示された国

1601126

アメリカ、カナダ、メキシコ、コロンビア、ペルー、ブラジル、アルゼンチン、チリ、アイスランド、スウェーデン、フィンランド、ラトビア、エストニア、ベラルーシ、イギリス、アイルランド、フランス、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ウクライナ、イタリア、クロアチア、セルビア、スロベニア、ギリシャ、トルコ、ブルガリア、カザフスタン、モロッコ、アルジェリア、リビア、チュニジア、エジプト、サウジアラビア、イラク、オマーン、ケニア、インド、インドネシア、フィリピン、大韓民国、日本 等

「シャルル・ペロー」さんって??

シャルル・ペロー

Charles Perrault

フランスの詩人です。

1628年1月12日に生まれて、1703年5月16日に逝去されています。

そのため、今年で生誕388周年。

「ペロー童話集」の作者としても有名です。

「ペロー童話集」は、民話を収集し、読者に読みやすくなるよう独自の脚色が入った童話集です。

この脚色が昔話収集としては余分なものが入る結果となり、賛否両論があるようです。

後のイギリスの「マザーグース」、ドイツの「グリム兄弟」による童話集の先駆けとなる作品として知られています。

童話集には、以下のような物語が収録されています。

・赤ずきん(Le Petit Chaperon rouge)
・長靴をはいた猫(Le Chat botté)
・青ひげ(La Barbe Bleue)
・眠りの森の美女(La Belle au bois dormant)
・仙女たち(Les Fées)
・シンデレラ (Cendrillon, ou la Petite Pantoufle de verre)
・巻き毛のリケ(Riquet à La houppe)
・親指小僧(Le Petit Poucet)
・グリゼリーディス(Griselidis)

日本でも馴染みの深い物語が多いです。

ロゴデザイン

ロゴは3つあります。

「ペロー童話集」の名場面がデザインされています。見てすぐに、どの物語なのか判ります。

1つ目は「眠れる森の美女」:王子様とのシーン

2つ目は「長靴を履いた猫」:オーガをだますシーン

3つ目は「シンデレラ」:馬車で移動するシーン

誰もが一度は目にしたことのある物語ですね。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

フランスのGoogleサイト「Charles Perrault」
 → https://www.google.fr

日本のGoogleサイト「シャルル・ペロー」
 → https://www.google.co.jp

インドネシアのGoogleサイト「Charles Perrault」
 → https://www.google.co.id

クロアチアのGoogleサイト「Charles Perrault」
 → https://www.google.hr

大韓民国のGoogleサイト「샤를 페로」
 → https://www.google.co.kr

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「シャルル・ペロー」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク