2016年 大晦日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年12月31日

この日、世界のほとんどの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Happy New Year’s Eve from Google!

Guten Rutsch ins neue Jahr!

¡Google te desea una feliz Nochevieja!

良いお年をお迎えください!

ロゴ大

1612311

ロゴ小

1612312

表示された国

1612313

世界のほとんどの国で表示されています。

大晦日

大晦日:New Year’s Eve:Silvester:Nochevieja

1年の最終日です。

旧暦が利用されていた頃は、「みそ」は「三十」の意味であり、「みそか」は「30日」という意味で、毎月の最終日を表す言葉として使われていました。

「みそか」のうち、年内で最後の晦日を「大晦日」と呼んでいました。

グレゴリオ暦(新暦)では「12月31日」がその日にあたります。

日本では、「年越し蕎麦」や「除夜の鐘」の風習があります。

ちなみに、英語圏では新年の前日は「New Year’s Eve」といいます。

また、カトリック教会では「12月31日」は4世紀前半に在位したローマ教皇「シルウェステル1世:Silvester」の記念日に定められています。

そのため、ヨーロッパを中心に「12月31日」を「Silvester:ジルベスター」と呼んでいる地域もあります。

スペイン語では「Nochevieja」、これは「年老いた夜」という意味です。1年の最後を「年老いた」と表現するのもユーモアが感じられます。

国ごとに「大晦日」の名称は違っていて、調べてみるのも楽しいです。

ロゴデザイン

Google」の文字の色をした風船のようなものが、新年が来るのを待ち構えています。

1612311

時計は、まもなく新年を迎える時刻(11:58頃)を指しています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカのGoogleサイト:new years eve day
 → https://www.google.com

 オーストリアのGoogleサイト:Silvester
 → https://www.google.at

 スペインのGoogleサイト:Nochevieja
 → https://www.google.es

 台湾のGoogleサイト:跨年倒數
 → https://www.google.com.tw

 日本のGoogleサイト:大晦日 2016
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「大晦日」です。

過去の「Googleロゴ」

昨年(2015年)の同日12月31日に「2015年 大晦日」のロゴが表示されました。

 → 2015年 大晦日(2015年12月31日 表示)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク