Celebrating Freedom Day and Enoch Sontonga

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年4月27日

この日、「南アフリカ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

自由の日とイーノック ソントンガを称えて

Celebrating Freedom Day and Enoch Sontonga

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

南アフリカ

自由の日(Freedom Day)

Freedom Day:自由の日

南アフリカでは「4月27日」「自由の日:Freedom Day」とされています。

アパルトヘイトの撤廃後の「1994年4月27日」に、初の選挙が行われました。その日に由来しています。

この選挙では、南アフリカ史上初の「全人種参加」で実施されました。

結果はアフリカ民族会議(ANC)が得票率「62.65%」、252議席を獲得して勝利し、「ネルソン・マンデラ」さんが大統領となりました。

この選挙で南アフリカでは初めての「全人種政府」が成立し、アパルトヘイト体制が終焉を迎えました。

大統領に選出された「ネルソン・マンデラ」さんは民族和解、協調を呼びかけ、白人・黒人との格差是正、黒人各部族間の対立の解消などに努めました。

南アフリカでは、この日は国民の休日となっています。

「エノック・ソントンガ」さんって??

Enoch Sontonga:エノック・ソントンガ(1873〜1905)

「Nkosi Sikelel’ iAfrika:コシシケレリ・アフリカ:神よ、アフリカに祝福を」を作曲した方です。

彼は、アフリカのコサという民族で教師、牧師を務めていました。

この曲は学校や教会で歌うために1897年に作詞、作曲されました。

西洋の賛美歌を参考に、アフリカのメロディーも取り入れ作曲され、徐々に南アフリカの教会で歌われる曲となっていきます。

その後、人種差別の撤廃を目指す「アフリカ民族会議(ANC)」の会議の終わりに歌われる曲として使用されはじめ、そのことから、アフリカの解放運動を象徴する歌、反アパルトヘイト運動のシンボルともなりました。

「1994年4月27日」の選挙で初の黒人大統領となった「ネルソン・マンデラ」さんにより、国歌と宣言されました。

それ以前に「Die Stem van Suid-Afrika:南アフリカの呼び声」という国歌も存在しましたが、1996年に2つの国歌を短縮、接合した曲が、「南アフリカ国歌」として発表されました。

この背景には、反アパルトヘイトの象徴曲「神よ、アフリカに祝福を」とアパルトヘイト時代の曲「南アフリカの呼び声」を組み合わせることで、民族の和解、強調を意識させ、国家の分裂を防く目的があったとも言われています。

現在では、「南アフリカ」以外にも「タンザニア」で国歌として用いられています。

以前は「ナミビア」や「ザンビア」、「ジンバブエ」でも国歌として用いられていました。

このことからも、当時のアフリカの解放運動を象徴する歌であったことが判ります。

ロゴデザイン

「エノック・ソントンガ」さんがデザインされています。

また、音楽をイメージする5線と音符が南アフリカの国旗のカラーで描かれています。

南アフリカ 国旗

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 南アフリカのGoogleサイト:Enoch Sontonga
 → https://www.google.co.za

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「エノック・ソントンガ」です。

過去の「Googleロゴ」

過去にも「自由の日」のロゴが表示されました。

 2016年 自由の日 (2016年4月27日)

 2015年 自由の日 (2015年4月27日)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク