オスカー フィッシンガー 生誕117周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年6月22日

この日、世界のほとんどの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

117. Geburtstag von Oskar Fischinger

Oskar Fischinger’s 117th birthday

オスカー フィッシンガー 生誕 117周年

ロゴ大

ロゴ小

遊べるロゴで、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/logos/doodles/2017/fischinger/fischinger17.2.html?hl=ja&doodle=undefined

表示された国

世界のほとんどの国で表示されています。

「オスカー・フィッシンガー」さんって??

Oskar Wilhelm Fischinger:オスカー・ウィルヘルム・フィッシンガー

ドイツ出身の映像作家です。

「抽象映像芸術」や「ビジュアル・ミュージック」の先駆者、とも言われています。

「1900年6月22日」に生まれて、「1967年1月31日」に逝去されています。

そのため、生誕117周年となります。

1920年頃、映画批評家「ベルンハルト・ディーボルト」に出会い、「ヴァルター・ルットマン」の作品を紹介されます。

「ヴァルター・ルットマン」は、グラフィックデザイナー出身の映画監督であり、映画表現の新しい形態を模索していました。

美術と音楽の抽象的な作品を発表し、実験映画の実践家でした。

「ルットマン」の作品をみて、感銘を受け、ミュンヘンに移り、映像作家としてのしての活動を開始します。

抽象映画の実験を可能にする撮影機器を発明し、映像作家として活動を始め、色々と映像芸術を製作していましたが、資金に行き詰まります。

そんな中、自分の作った撮影機器が、同じくドイツの女性影絵アニメーション作家「ロッテ・ライニガー」さんのアニメ映画「アクメッド王子」に利用されるという事件も起こってしまいます。

これは、無断使用ではなく、合法的に販売された機器の使用でしたが、自分の機器が先に他人の作品で注目されたことが彼を落胆させたようです。

ちなみに、「ロッテ・ライニガー」さんも、過去にGoogleロゴに取り上げられました。

 ロッテ・ライニガー 生誕117周年(2016年6月2日)

失意の中、彼は、ベルリンへ拠点を移します。

そして、1934年、「ムラッティ(Muratti)社」のタバコのCMに作品(Muratti Greift Ein)が利用され、一躍有名になりました。

さらに、1935年には「Komposition in Blau」という作品で、ベニス映画祭でグランプリも受賞しています。

資金的にも余裕のでてきた彼は、精力的に作品を製作しますが、その頃、ドイツではナチスが台頭してきていました。

ナチスは抽象的な芸術を「退廃芸術」とし、弾圧を加えるようになりました。

そのため、1936年にアメリカへ亡命。

活動拠点をハリウッドに移します。

ハリウッドでも精力的に作品を製作しました。

その中で、オーケストラ音楽を使ったディズニーの映像作品「ファンタジア」にも短期的に製作参加しています。

結果的に、この作品は、抽象的な表現映画ではなく、大衆が受け入れやすい、より具体的な表現に変更されたため、途中で製作を離れています。

ハリウッドでは、視覚と音楽による芸術表現をテーマに、数多くの作品を発表しました。

1947年に最後の作品「モーション・ペインティング No.1」を発表。

その後は、体調面や、資金的な問題から映像研究を断念。

晩年は絵画に専念し、70ほどの作品を残しました。

大衆に受け入れられがたい抽象的な作品が多く、ベニス映画祭でグランプリを受賞しながらも、当時は、一般的にはあまり評価されていませんでした。

彼の作品は、近年になり評価されてきています。

ロゴデザイン

遊ぶことのできるロゴデザインです。

映像効果のついたリズムマシーンのようなロゴで、自分なりの音楽と映像をシンクロさせた作品を作ることができます。

“MUSIC IS NOT LIMITED TO THE WORLD OF SOUND. THERE EXISTS A MUSIC OF THE VISUAL WORLD”

音楽は「音の世界」に限られたものではない。音楽はヴィジュアルの世界にも存在する。

– OSKER FISCHINGER, 1951

CLIK AROUND TO MAKE YOUR OWN VISUAL MUSIC COMPOSITION

クリックして自分のヴィジュアルミュージック作品を作り上げよう

横軸で白い線が一定テンポで流れてくるので、鳴らしたい場所にポイントを打つと、その場所で音がなります。

音を構成する楽器の種類は4つ。上部にある「アイコン」で変更できます。

その他の操作方法について

 オレンジ のメニュー → 共有 SNSなどに共有できます。

  のメニュー → 全画面表示 と Google検索画面に戻る 

 黄色 のメニュー → 虫眼鏡マークは「オスカー・フィッシンガー」さんについての「Google」の検索結果が表示されます。

Clear:クリア で全消去

Modify:変更する でテンポやキー、エコーなどの変更ができます。

また、曲作りの雛形となるテンプレートもいくつか用意されています。

作成した曲を再生すると、映像と音楽がミックスされ、オリジナルの「ビジュアル・ミュージック」を楽しむことができます。

色々と作って楽しんでみてください。

スマートフォンでもプレイ可能です。以下のような感じなります。

横向きでもプレイ可能です。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ドイツのGoogleサイト:Oskar Fischinger
 → https://www.google.de

 アメリカのGoogleサイト:Oskar Fischinger
 → https://www.google.com

 ナミビアのGoogleサイト:Oskar Fischinger
 → https://www.google.com.na

 日本のGoogleサイト:オスカー フィッシンガー
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「オスカー・フィッシンガー」です。

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク