石岡瑛子 生誕79周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年7月12日

この日、「日本」をはじめとしてたくさんの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

石岡瑛子 生誕 79周年

Eiko Ishioka’s 79th birthday

79 років з дня народження Ейко Ісіоки

ロゴ大

ロゴ小

スライドショー式のロゴで、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/eiko-ishiokas-79th-birthday

表示された国

「日本」をはじめとしてたくさんの国で表示されています。

「石岡瑛子」さんって??

石岡 瑛子:いしおか えいこ

日本のアートディレクター、デザイナーです。

「1938年7月12日」に生まれて、「2012年1月21日」に逝去されています。

そのため、生誕79周年になります。

東京芸術大学を卒業後、「資生堂」に入社。

グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活躍しました。

「資生堂」をはじめ、「角川書店」や「パルコ」の広告を手がけたことで知られています。

1980年代からは活動拠点をアメリカに移し、国際的に活動。

「Paul Schrader:ポール・シュレイダー」監督の作品「MISHIMA: A Life in Four Chapters」で美術監督を担当し、カンヌ映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞。

トランペットジャズ奏者「Miles Davis:マイルス・ディヴィス」のアルバム「TUTU」のデザインを手がけ、グラミー賞最優秀アルバムパッケージデザイン賞を受賞。

「Francis Ford Coppola:フランシス・フォード・コッポラ」監督の「Bram Stoker’s Dracula:ドラキュラ」でアカデミー最優秀デザイン賞を受賞。

その他にも、数々の賞を受賞しています。

さらに、2008年の「北京オリンピック」では、開会式でのコスチュームデザインも担当しました。

ロゴデザイン

彼女の数多くのデザインの仕事の中から映画「The Fall(邦題:落下の王国)」の衣装デザインがスライドショー式のロゴになっています。

「The Fall(邦題:落下の王国)」は2006年の作品で、監督はインド出身の「ターセム・シン」さん。

「ターセム・シン」さんの監督した作品(以下参照)は、すべて彼女が衣装を担当していました。

・The Cell:ザ・セル 2000年
・The Fall:落下の王国 2006年
・Immortals:インモータルズ 神々の戦い 2011年
・Mirror Mirror:白雪姫と鏡の女王 2012年

ロゴは、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/eiko-ishiokas-79th-birthday

「The Fall(邦題:落下の王国)」のあらすじですが、撮影中の事故で半身不随となったスタントマンが、同じ病室に入院していた少女に作り話をする、、、といった内容です。

作り話の中では様々な事情をもった6人の男たちが勇者となり悪者の総督に復讐を果たすという物語ですが、架空の作り話しのため、設定や情景などもバラバラで、その辺りも見所の映画です。

この作品で、担当した衣装がロゴデザインに使用されています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカのGoogleサイト:Eiko Ishioka
 → https://www.google.com

 ウクライナのGoogleサイト:Ейко Ісіока
 → https://www.google.com.ua

 ウルグアイのGoogleサイト:Eiko Ishioka
 → https://www.google.com.uy

 日本のGoogleサイト:石岡瑛子
 → https://www.google.co.jp

検索される言葉は「石岡瑛子」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク