2017年 インドネシア独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年8月17日

この日、「インドネシア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Hari Kemerdekaan Indonesia 2017

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

インドネシア

独立記念日

Hari Kemerdekaan:独立記念日

「8月17日」はインドネシアの「独立記念日」です。

この日には日本が大きく関わっています。

インドネシアは16世紀頃から香辛料を求めてヨーロッパ人が来航し、オランダの植民地となっています。

20世紀初頭に、植民地政府と協調しつつ、原住民の地位向上をはかる運動が起こります。

その中でイスラム系の大衆団体が大規模な大衆動員に成功します。これが植民地政府との対立を深めることになります。

そして1927年、民族主義運動の「スカルノ」さんが「インドネシア国民党」を結成します。

インドネシア国民党は「民族の独立」を掲げて活動を行いますが、オランダの植民地政府により弾圧されてしまいます。

「スカルノ」さんたちも、植民地政府によって捉えられてしまいます。

そんなインドネシアのオランダによる支配が第2次世界大戦中の1942年に崩壊します。

日本がインドネシアに侵攻し、占領してしまったのです。そして、全域を軍政支配下に置きます。

軍政下ではインドネシア人に対する「緩和政策」が基本とされ、大東亜政略指導大綱にもとづき東インドを大日本帝国領土とすることが決定されます。

「緩和政策」が基本とされたため、植民地政府によって捉えられていた「スカルノ」さんたちも解放されます。

解放した「スカルノ」さんたちを中心にインドネシアをまとめて行こうとしていた日本ですが、、、、

徐々に日本の戦況が悪化して行きます。

当初は大日本帝国領土とする予定でしたが、インドネシアの独立を認める方針に変更しました。独立を認めるかわりに、侵攻してくる敵に対抗させようとしたのでしょう。

1945年3月には独立準備委員会を発足させ、「8月18日」に第1回の会議を行うという方針を決定していましたが、、、

その日がくる直前の「8月15日」に日本は連合軍に降伏し、終戦宣言をしてしまいます。

日本が降伏したことで、インドネシアは再び「オランダ」の植民地に戻ることになると思われました。

ところが、せっかくの独立の機会が無くなってしまうことを恐れた「スカルノ」さんたちは、8月17日に「インドネシア独立」を宣言し、「スカルノ」さんを大統領に選出します。

この日が「独立記念日」の由来となりました。

しかし、当然ながらオランダ側は、独立宣言と「スカルノ」さんの大統領就任を認めませんでした。

ここから、インドネシアの独立戦争が始まります。実に4年以上、、、

オランダの侵攻に対して、インドネシアは粘り強く抵抗を続けます。

この結果、オランダは再植民地化をあきらめ、国連の斡旋で「オランダ-インドネシア円卓会議」が行われ、正式に「インドネシア連邦共和国」の独立を承認することになります。(1949年12月27日が承認の日となりました。)

ロゴデザイン

インドネシアは、多くの島で構成される他民族国家で、言語、伝統、文化、習慣などが異なるため、「BHINNEKA TUNGGAL IKA:多様性の中の統一」というスローガンが掲げられています。

インドネシアの多様性を感じることのできるロゴデザインとなっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 インドネシアのGoogleサイト:Hari Kemerdekaan Indonesia 2017
 → https://www.google.co.id

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「インドネシア独立記念日 2017」です。

過去の「Googleロゴ」

過去にもインドネシアの「独立記念日」のロゴが表示されました。

 2016年 インドネシア独立記念日 (2016年8月17日)

 2015年 インドネシア独立記念日 (2015年8月17日)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク