Celebrating British Sign Language and the Braidwood Academy

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2017年9月6日

この日、「イギリス」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

英国手話とブレイドウッド アカデミーを称えて

Celebrating British Sign Language and Braidwood’s Academy

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

イギリス

「British Sign Language」って??

British Sign Language:英国手話

British Sign Language(BSL) 英国手話は、1570年頃から歴史があると言われています。

最初は、ジェスチャーの様な形での意思疎通に始まり、少しずつ発展、改良していって、現在の形になりました。

1760年にエディンバラの教師「Thomas Braidwood:トマス・ブレイドウッド」が初めて「ろう者」の生徒を受け入れました。

このことが、「BSL」の転機となりました。

それから、彼は聴覚障害者に対する教育の研究を進め、最初の「ろう者」のための学校を設立しました。

英国手話が現在の形式に定まったのは、情報伝達手段が発達した、ごく最近の1970年頃といわれています。

英国では、学校の新学年の始まりを、「Back to school week」と言います。

新学年の始まりの9月に合わせて、今回の手話によるロゴが表示されました。

現在、イギリスでは、約15万人の国民が「British Sign Language」を使用しています。

「2003年3月18日」には英国政府により、正式な言語であると認められました。

世界の手話

手話は、国により違います。

イギリスと共に、アメリカも英語を母国語としていますが、「British Sign Language」と「American Sign Language」は全く別物でとなっています。

聴覚障害者は手話(手の動き)だけでなく、唇の動きなども含め、意思疎通を図るため、世界統一の手話の実現は難しい課題となっています。

現在では、ヨーロッパの国々で、ある程度の手話の共通化の動きが行われています。

ロゴデザイン

手話のアルファベットで「Google」の文字を表している様子がロゴになっています。

それぞれの服が「Google」の文字の色となっています。

「BSL」のアルファベットの表記については、以下のムービーで詳しく見ることができます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:british sign language alphabet
 → https://www.google.co.uk

検索される言葉は「英国手話 アルファベット」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク