周有光 生誕112周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年1月13日

この日、「中国(香港)」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Zhou Youguang’s 112th birthday

112º aniversario del nacimiento de Zhou Youguang

周有光 生誕 112周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「中国(香港)」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「周有光」さんって??

周有光(ピンイン表記:Zhōu Yǒuguāng

中国の言語学者、経済学者です。

中国の漢字の発音のローマ字表記「ピンイン」の成立に尽力し、「漢語ピンインの父」とも呼ばれています

「1906年1月13日」に生まれて、「2017年1月14日」に逝去されています。

そのため、生誕112周年となります。

江蘇省で生まれ、上海の大学で経済学や言語学を学びます。

1933年から2年間、日本に留学し「東京帝国大学」、「京都帝国大学」で経済学を学びました。

中国に戻ってからは経済学の教授を務めました。

その後、「日中戦争」〜「第二次世界大戦」続くと戦時になると、中国の奥地に移住し、銀行員として働きました。

戦後は欧米に滞在していましたが、戦後、「中華人民共和国」が成立すると上海へと戻り、経済学の教授を務める一方で、漢字改革に関する論文を発表します。

この論文が注目され、1954年に、中国文字改革委員会の要請で「漢字ピンイン方案委員会」の委員になりました。

それから3年をかけてピンイン方案を策定し、1958年2月の「全国人民代表大会」で承認されました。

それ以降、現在の形式のピンインが導入され、教育現場に普及していきました。

会話はできても、文字にすると「漢字が難解」、それに加えて「漢字の種類も膨大」という問題があり、以前の中国人の識字者の割合は、かなり低い状況でした。

ピンイン記号は、読むことが難しい「漢字」を「表音文字」で綴ることを目的としていました。

ピンイン導入することで、「難解な読めない漢字」が読みやすいものへと変化しました。

子供や中国語の学習者も、漢字を読めるようになり、その結果、中国人の識字者の割合も大きくアップしました。

また、現在では、パソコンやスマートフォンで「漢字」を入力する際に、非常に重要な役割を果たしています。

この業績から、彼は、「汉语拼音之父:漢語ピンインの父」と呼ばれています。

ところが、1966年の起こった「文化大革命」で批判され、政治意識を改めるための施設に送られ強制労働を強いられました。

1971年に解放され、その後も言語学者として活動をしました。

1979年には「国際標準化機構」の会議にピンインを国際標準にすることを提案。

その結果、1982年に国際標準と制定されました。

1980年には「ブリタニカ百科事典」を中国語に翻訳する仕事にも携わっています。

引退後は、自身が「文化大革命」で経験したことから、民主主義の重要性を主張し、中国共産党を批判する書籍を多数執筆しました。

100歳を超えてなお、盛んに著作を発表しつづけました。

ロゴデザイン

「周有光」さんが描かれています。

「Google」は中国語で「谷歌(穀歌)」です。

「谷歌(穀歌)」のピンイン表記の「Gŭgē」も記載されています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 香港のGoogleサイト:
 → https://www.google.com.hk

 アメリカのGoogleサイト:Zhou Youguang
 → https://www.google.com

 コロンビアのGoogleサイト:Zhou Youguang
 → https://www.google.com.co

 日本のGoogleサイト:周有光
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「周有光」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. pihu より:

    Zhou Youguang was a Chinese economist, banker, linguist, sinologist, publisher, and supercentenarian, known as the “father of Pinyin http://gsemobiles.com/zhou-youguang-zhou-youguangs-112th-birthday-google-doodle/