Paula Modersohn-Becker’s 142nd Birthday

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年2月8日

この日、「ドイツ」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

パウラ モーダーゾーン ベッカー 生誕142周年

Paula Modersohn-Becker’s 142nd birthday

パウラ モーダーゾーン ベッカー 生誕 142周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「ドイツ」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー」さんって??

Paula Modersohn-Becker:パウラ・モーダーゾーン=ベッカー

ドイツの女性画家です。

「1876年2月8日」に生まれて、「1907年11月21日」に逝去されています。

そのため、生誕142周年となります。

ドレスデンのフリードリヒシュタットに7人兄弟の三番目として生まれました。

父親は、ドイツの鉄道エンジニアであり、母親は貴族の家柄で、子供達に知的な家庭環境をもたらしました。

1888年に家族はブレーメンに移住。

母親がロンドンの親戚を訪れた際に、セント・ジョンズウッド・スクールで絵を書くことに興味を覚えます。

1893年〜1895年にかけて絵画のプライベートレッスンを受け、1896年からは、ベルリンの女性画家が主宰する絵画学校に参加。

その後、様々な芸術家が集い作品を生み出していた「芸術村」と呼ばれる「ヴォルプスヴェーデ」を拠点に絵を描き始めました。

ここで、画家の「オットー・モーダーゾーン」さんと知り合い、後に結婚しています。

また、この村でたくさんの芸術家たちと出会いました。

1900年には、フランスに向かい、美術学校の「エコール・デ・ボザール」で絵画を学びました。

展覧会にも頻繁に足を運び、特に「ポール・セザンヌ」さんの作品に影響を受けたと言われています。

1900年以降は、ドイツとフランスを行き来して芸術活動を行っています。

1907年に妊娠、子供を出産します。

ところが、出産後、3週間で、彼女は足の痛みを訴え塞栓症で逝去しました。

享年 31歳、若すぎる死でした。

生前、彼女の絵は、そんなに知られてはいませんでしたが、死後、彼女の画家としての評価は、高まっていきました。

後に、彼女の日記や書簡なども出版されました。

早期の表現主義を代表する画家の一人です。

ヌードの自画像を描いた最初の女性画家としても知られています。

田園風景の広がる田舎の「ヴォルプスヴェーデ」を拠点に、色彩豊かな力強い作品を数多く残しました。

1927年には彼女の美術館「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー美術館」が、ドイツの実業家で芸術愛好家だった「ルートヴィッヒ・ロゼリウス」さんによって作られました。

ロゴデザイン

「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー」さんがロゴデザインになっています。

素朴なドイツの風景などを色彩豊かに描いた彼女の絵のタッチがモチーフになっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ドイツのGoogleサイト:Paula Modersohn-Becker
 → https://www.google.de

 オーストラリアのGoogleサイト:Paula Modersohn-Becker
 → https://www.google.com.au

 アルゼンチンのGoogleサイト:Paula Modersohn-Becker
 → https://www.google.com.ar

 日本のGoogleサイト:パウラ・モーダーゾーン=ベッカー
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク