エーリッヒ オーザー 生誕115周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年3月18日

この日、「ドイツ」、「オーストリア」、「スイス」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

115. Geburtstag von Erich Ohser

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

ドイツ、オーストリア、スイス

「エーリッヒ・オーザー」さんって??

Erich Ohser:エーリッヒ・オーザー

ドイツの漫画家、イラストレーターです。

「1903年3月18日」に生まれて、「1944年4月6日」に逝去されています。

そのため、生誕115周年になります。

ドイツのウンターゲッテングリューンで生まれ、4歳の時に家族で「プラウエン」に移住します。

1928年、ライプチヒのグラフィック・アートスクールで学んだ後、「プラウエン」で新聞の挿絵画家として働き始めます。

「E.O.プラウエン」という自分のイニシャルと、故郷の名前からとったペンネームで活動を始めました。

彼の絵は人気となり、挿絵や風刺漫画を数多くの新聞、雑誌で手がけるようになりました。

そして、その頃からドイツではナチスが台頭していきます。

その中で、政治の風刺漫画などは制限がかけられるようになってきました。

そこで、1934年から「Vater und Sohn:父と息子」という政治を交えないジョーク漫画の連載し始めると、それが大ヒット。

ごく普通の「父」と「息子」が、自分達の失敗を笑うというユーモア溢れた作品です。

それでも彼は満足できず、1940年、政治風刺漫画の連載を再開。

作品には、極力、柔らかく婉曲な表現を用いていましたが、1944年、ナチス批判という容疑で逮捕。

同年、拘留されていた監獄で自殺をしました。

「Vater und Sohn:父と息子」は戦前のドイツを代表するコミックの1つです。

ロゴデザイン

彼の代表作「Vater und Sohn:父と息子」がモチーフになっています。

ペンでコミックを描く様子と、右には「Google」の文字も描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ドイツのGoogleサイト:Erich Ohser
 → https://www.google.de

 オーストリアのGoogleサイト:Erich Ohser
 → https://www.google.at

 スイスのGoogleサイト:Erich Ohser
 → https://www.google.ch

検索される言葉は「エーリッヒ・オーザー」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク