イシドロ バルデネグロ ロペス 生誕52周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年3月18日

この日、「メキシコ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

52º aniversario del nacimiento de Isidro Baldenegro

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

メキシコ

「イシドロ・バルデネグロ・ロペス」さんって??

Isidro Baldenegro López:イシドロ・バルデネグロ・ロペス

メキシコの先住民族であるタラフマラ族のリーダーであり、環境保護活動家です。

「1966年3月18日」に生まれて、「2017年1月15日」に逝去されています。

そのため、生誕52周年となります。

シエラ・マドレ山脈の自然豊かな先祖代々の地で生まれます。

ところが、この地は1800年代以降、大規模な鉱山プロジェクトや森林伐採プロジェクトが展開されていました。

タラフマラ族のリーダーであった彼の父も開発への反対活動、自然保護活動を行っていました。

シエラ・マドレ山脈の開発や自然資源の伐採については、反対活動家が殺害されるというケースが多くありました。

彼の父も1986年に殺害されてしまいます。

わずか20歳にして、彼は父の後を継ぐことになります。

1993年に、自然保護のNGO団体を立ち上げ、伐採を辞める裁判などの活動を展開していきました。

2005年には、活動に対して「ゴールドマン環境賞」を受賞。

活動の裏で、開発推進側からは嫌がらせや、脅迫めいた脅しなどもあったそうです。

2003年には虚偽の告発で逮捕され、15ヶ月に及ぶ監禁生活も送っています。

そして、「2017年1月15日」、父親と同じく殺害されました。

メキシコに限らず、中南米の国々では、自然保護活動家が殺害される事件が後を絶ちません。

シエラ・マドレ山脈でも、家具などに利用できる良質な木があるため、現在も伐採が続けられており、自然保護の観点から大きな問題の1つとなっています。

ロゴデザイン

「イシドロ・バルデネグロ・ロペス」さんがロゴデザインとなっています。

森林伐採を見守る様子がロゴになっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 メキシコのGoogleサイト:Isidro Baldenegro
 → https://www.google.com.mx

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「イシドロ・バルデネグロ・ロペス」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク