ハインツ・ジールマン 生誕101周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年6月2日

この日、世界のいくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

101. Geburtstag von Heinz Sielmann

Heinz Sielmann’s 101st Birthday

101º aniversario del nacimiento de Heinz Sielmann

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

世界のいくつかの国で表示されました。

「ハインツ・ジールマン」さんって??

Heinz Sielmann:ハインツ・ジールマン

ドイツの動物学者、野生動物の映像作家です。

「1917年6月2日」に生まれて、「2006年10月6日」に逝去されています。

そのため、生誕101周年となります。

ドイツの「Rheydt:ライト」(現:メンヒェングラートバッハ)で生まれ、1924年に両親と共に、東プロイセン(現:ポーランド辺り)へ移住。

そこで、映画(特に動物の映画)に影響を受けます。

それから、双眼鏡を片手に動物の観察が日課となっていきます。

あまりにも動物観察に熱中するあまり、学校の成績も下がる始末。(両親に観察を制限されるほどでした。)

その後、彼は両親からのをプレゼントで最初のカメラを手にします。

彼の動物に関する興味は、一切薄れることがなく、1938年、野鳥を題材にした初のサイレント映像作品を制作。

更に、動物を観察し、新たな作品を生み出そうとしましたが、その頃から「第二次世界大戦」が勃発。

彼も「無線通信士」としてポズナン(現:ポーランド西部)に駐留。

幸い、その時に「ポズナン大学(アダム・ミツキェヴィチ大学)」に通い、生物学と動物学を学ぶことができました。

その後は、クレタ島に移り住み、自然動物の観察を続けます。

ところが、ドイツは戦争に負けたため、英国軍の捕虜となってしまいます。

捕虜となってしまいましたが、彼の動物写真家としての知識、技術が高く評価され、英国BBCのために映像作成することを許可され、その時の映像がイギリスで高く評価されました。

戦後はミュンヘンの科学教育機関のカメラマンとして活躍。

彼の写真、映像は世界で高く評価されていきます。

特にキツツキを題材にした「Zimmerleute des Waldes(1954):森の大工」(英:Woodpecker)は、これまであまり知られていなかったキツツキの生態を明らかにしたことで、高い評価を受けました。

この作品の成功で、彼は「Mr.Woodpecker」の愛称で知られるようになりました。

1958年、ベルギー国王「レオポルド3世」の後援を受け、ベルギー領コンゴ(現:コンゴ民主共和国)でゴリラの映像作品「Herrscher des Urwalds(Les Seigneurs de la forêt):森の君主」を制作。

1962年にはガラパゴス諸島のドキュメンタリー作品「Galápagos – Landung in Eden:ガラパゴス 世界最後の秘境」を制作。

この作品はベルリン映画祭にて銀熊賞を受賞しました。

1963年には、まだ発見されていない新種の鳥を探して、パプアニューギニアのジャングルを探索。

「In die Bergdschungel Neuguineas:ニューギニアのジャングルにて」を制作。

その後も、各地を訪れ、様々な作品を残しました。

ちなみに、ケニアへの探索の際には、事故で息子を亡くす不幸にも遭っています。

1971年に制作したアメリカのドキュメンタリー作品「Die Hellstrom Chronik(The Hellstrom Chronicle):大自然の闘争 驚異の昆虫世界」では、「アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞」を受賞しています。

1965年〜1991年にかけて、ドイツの動物を題材としたテレビドキュメント番組「Expeditionen ins Tierreich」の案内人も務めました。

また、1980年以降は、自然保護活動にも尽力しました。

1994年には、ミュンヘン大学の名誉教授にも就任しました。

ロゴデザイン

「ハインツ・ジールマン」さんが野鳥を撮影する様子がロゴになっています。

「Mr.Woodpecker」の愛称の元になった「キツツキ」も描かれています。

それぞれが「Google」の文字の形にデザインされています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ドイツのGoogleサイト:Heinz Sielmann
 → https://www.google.de

 イギリスのGoogleサイト:Heinz Sielmann
 → https://www.google.co.uk

 チリのGoogleサイト:Heinz Sielmann
 → https://www.google.cl

 日本のGoogleサイト:Heinz Sielmann
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ハインツ・ジールマン」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

コメント

  1. july より:

    Heinz Sielmann’s 101st Birthday Celebrates Google Doodle http://gsemobiles.com/heinz-sielmanns-101st-birthday-celebrates-google-doodle/