サラ “ファニー” ドゥラックを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年7月12日

この日、「オーストラリア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating Sarah “Fanny” Durack

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

オーストラリア

「サラ “ファニー” ドゥラック」さんって??

Sarah Frances “Fanny” Durack:サラ・フランシス “ファニー” ドゥラック

オーストラリアの水泳選手です。

1912年のストックホルムオリンピック「100m自由形」で、オーストラリアで初の女性金メダリストとなりました。

「1889年10月27日」に生まれて、「1956年3月20日」に逝去されています。

シドニーのクージー・ビーチのオーシャンプール「Wylie’s Baths」で平泳ぎを学びます。

当時、オーストラリアでは、女性の水泳競技は平泳ぎしかありませんでした。

1906年に国内の大会で優勝すると、その後、トップを維持しました。

その後、自由形が女子競技になると、自由形にも挑戦。

当時の「100m自由形」、「200m自由形」の世界記録を樹立しました。

それ以外にも、「100ヤード自由形」、「220ヤード自由形」の世界記録も樹立。

「1マイル長距離」の世界記録も樹立し、女子水泳界の第1人者となりました。

1912年、ストックホルムオリンピックで女子の競泳が初めて競技として実施されました。

彼女も出場し、「100m自由形」で世界記録を樹立、金メダルを獲得。
(当時の女子の競泳競技は、100m自由形とリレーの2種目のみでした。)

オーストラリアで初の女性金メダリストとなりました。

この日が、「1912年7月12日」です。

これを記念してロゴが変更となりました。

ちなみに、この時の2位(銀メダリスト)は、同じくオーストラリアの「Wilhelmina ‘Mina’ Wylie:ウィルア “ミーナ” ワイリー」さんでした。

2人は、一緒に練習を行う親友でした。

この時のオリンピックでは、もう一つ開催された女子種目の4人参加のリレー(100m × 4)にも2人で2回ずつ泳ぐことで出場を願い出ましたが、認められませんでした。

1956年にシドニーにて逝去。

1967年には、競泳選手として「国際水泳殿堂」の表彰を受けました。

シドニーのオリンピックパークには彼女にちなんで名付けられた「Sarah Durack Avenue:サラ・ドゥラック通り」があります。

ロゴデザイン

「サラ “ファニー” ドゥラック」さんが泳ぐ様子がロゴデザインになっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 オーストラリアのGoogleサイト:Sarah “Fanny” Durack
 → https://www.google.com.au

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「サラ “ファニー” ドゥラック」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク