Anbara Salam Khalidi’s 121st Birthday

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年8月4日

この日、「レバノン」をはじめ、中東、アフリカ北部の国々でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

アンバラ・サラーム・ハリーディー 生誕121周年

‎الذكرى الـ121 لميلاد عنبرة سلام الخالدي‎‎

121ème anniversaire de Anbara Salam Khalidi

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「レバノン」をはじめ、中東、北アフリカの国々で表示されています。

「アンバラ・サラーム・ハリーディー」さんって??

عنبرة سلام الخالدي:Anbara Salam Khalidi:アンバラ・サラーム・ハリーディー

レバノンの作家、翻訳家です。

女性の権利向上のための活動も行いました。

「1897年8月4日」に生まれて、「1986年」に逝去されています。

そのため、生誕121周年となります。

ベイルートの政治家の家系に生まれます。

そのため、近代的な教育を受け、イギリスへの留学も経験。

様々な他国の文化に触れ、アラブ社会について考えるきっかけとなりました。

レバノンに戻ると、ベイルートのアメリカ大学の講義中にヴェールを着用しないという行動を行いました。

レバノンでは、イスラム教徒の女性はヴェール(ヒジャーブ)を着用するのが通常であり、彼女が初めてこの行動を行いました。

同じアラブ世界でも、当時のエジプトでは、ヴェールを着用しない等の規制はありませんでしたので、自国にもイスラムの教えを守りながらも制限の緩和を求めた行動でした。

当時は、賛否両論の論争が起こりましたが、現在では、ヨーロッパの各国で、授業中のヴェール(ヒジャーブ)の着用禁止などの法令整備が進んでいます。

他にも、古くからの伝統に縛られた女性の抑圧された権利の向上のために、様々な活動を行いました。

特に、女性の教育を通じて、権利の向上を図りました。

作家としては、ホメロスのオデュッセイア、ウェルギリウスのアエネーイスなどのアラビア語の翻訳を行いました。

ロゴデザイン

「アンバラ・サラーム・ハリーディー」さんがロゴになっています。

作家らしく、本やノートが描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 レバノンのGoogleサイト:عنبرة سلام الخالدي
 → https://www.google.com.lb

 エジプトのGoogleサイト:عنبرة سلام الخالدي
 → https://www.google.com.eg

 ヨルダンのGoogleサイト:عنبرة سلام الخالدي
 → https://www.google.jo

 モロッコのGoogleサイト:Anbara Salam Khalidi
 → https://www.google.co.ma

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「アンバラ・サラーム・ハリーディー」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク