ドラルド・ジョージ「ザ・ドン」ブラッドマン 生誕110周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年8月27日

この日、「オーストラリア」をはじめとして、様々な国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Sir Donald George “The Don” Bradman’s 110th Birthday

ドナルド・ブラッドマン 生誕110周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「オーストラリア」をはじめとして、様々な国で表示されています。

「ドナルド・ジョージ・ブラッドマン」さんって??

Donald George Bradman:ドナルド・ジョージ・ブラッドマン

オーストラリアのクリケット選手です。

ザ・ドン(The Don)の愛称でも知られています。

「1908年8月27日」に生まれて、「2001年2月25日」に逝去されています。

そのため、生誕110周年となります。

ニューサウスウェールズ州でイギリスからの移民の家系に生まれます。

子供の頃から、ゴルフボールを使って1人でクリケットの練習をしていました。

湾曲した水槽を相手に、ボールを打ち、跳ね返ってきたボールを打ち返す練習で、打撃技術を磨きました。

最初は親族が所属していた地元のチームでプレイをしていましたが、そこで頭角を現し、19歳で国内ファーストクラスにデビュー。

そして、クリケットの中でも国際クリケット評議会(ICC)の認定を受けた12のナショナルチームしか行うことができない試合形式「テスト・クリケット:Test cricket」の代表となり、各国を転戦して活躍しました。

1928年〜1948年にかけて、テスト・クリケットのオーストラリア代表としてプレーをしました。

テスト・クリケットでの通算打率は「99.94」。

2位の「アダム・ボジズ」さんの打率が「61.87」ですので、驚異的な数字を残しました。

彼の打撃は天才的であり、オーストラリア代表のキャプテンだった「ビル・ブラウン」さんは「オーストラリアの打者三人分の価値がある」と評しています。

1989年には彼を記念する博物館「Bradman Museum」がオープンしました。

関連する過去のロゴ

クリケットの国際大会である「ICC Champions Trophy:ICCチャンピオンズトロフィー」が開催された際に、クリケットのゲームがプレイできるロゴが表示されました。

簡単なクリケットのルールについても記載していますので、よろしければ合わせてご確認ください。

 2017年 ICCチャンピオンズトロフィー記念 (2017年6月13日)

ロゴデザイン

バッティングを行う「ドナルド・ブラッドマン」さんが描かれています。

ロゴがフィルムになっており、「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 オーストラリアのGoogleサイト:Sir Donald George Bradman
 → https://www.google.com.au

 イギリスのGoogleサイト:Sir Donald George Bradman
 → https://www.google.co.uk

 インドのGoogleサイト:Sir Donald George Bradman
 → https://www.google.co.in

 日本のGoogleサイト:ドナルド・ブラッドマン
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ドナルド・ブラッドマン」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク