ジョアンナ・ベイリー 生誕256周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年9月11日

この日、「イギリス」をはじめとして、様々な国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Joanna Baillie’s 256th Birthday

Joanna Baillie fyller 256 år

256º aniversario de Joanna Baillie

ジョアンナ・ベイリー 生誕256周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「イギリス」をはじめとして、様々な国で表示されています。

「ジョアンナ・ベイリー」さんって??

Joanna Baillie:ジョアンナ・ベイリー

イギリス(スコットランド出身)の劇作家、詩人です。

当時の「英国ロマン主義」を代表する女性作家の一人とされています。

「1762年9月11日」に生まれて、「1851年2月23日」に逝去されています。

そのため、生誕256周年となります。

父親の「ジェームズ・ベイリー」さんは牧師、母親の「ドロシー・ハンター」さんは有名な医学者「ジョン・ハンター」さん、「ウィリアム・ハンター」さんの兄妹であり、家庭は裕福でした。

そんな両親の元、スコットランドのボスウェルで生まれました。

若い頃は活発な性格で、屋内で本を読むよりは、野外を駆け回る方を好みました。

そのため、寄宿学校へ通い始める9歳の頃まで、文字を読むことができなかったとも伝えられています。

寄宿学校へ通うためにグラスゴーへ移住、そこで学ぶことで、彼女の知的好奇心が刺激されました。

また、グラスゴーには劇場があり、そこを訪れ、舞台を見た彼女は、演劇の虜となりました。

1778年に父親が死去。一家は大黒柱を失ってしまいます。

同じ時期に、母親の兄(叔父)である「ウィリアム・ハンター」さんも死去。

彼は高名な医学者でしたので、家を含め、莫大な財産がありました。

そのため、家を守るために母親と共にロンドンへと移住しました。

もう一人の母親の兄(叔父)の医学者「ジョン・ハンター」さんの妻「Anne Hunter:アン・ハンター」さんは詩人でした。

彼女を通じてロンドンの文学会やサロンに参加するようになります。

まずは詩を書くことから作家活動を始めます。

その後、ヨーロッパの古い戯曲、「シェイクスピア」や「ジャン・ラシーヌ」、「モリエール」などを勉強し、戯曲も書くようになりました。

1802年、ロンドンの文壇の街としても知られているハムステッドへと移り、そこで生涯を過ごしました。

詩人「Anna Laetitia Barbauld:アンナ・レティシア・バーボールド」さん、歴史作家「Lucy Aikin:ルーシー・エイキン」さん、同じく歴史作家の「Walter Scott:ウォルター・スコット」さんなどとも親交を深めました。

彼女は、当時の「英国ロマン主義」を代表する女性作家とされています。

演じることが目的ではない「読むための戯曲:クローゼット・ドラマ(レーゼドラマ)」が1つのジャンルとして確立された時代で、数多くの作品が生み出されました。

彼女自身は「読むための戯曲」ではなく、演じられることを望んでいたと言われています。

28の演劇を出版し、それらのいくつかが、彼女の生涯で演奏されています。

晩年は、エッセイの執筆を行い、その収入を慈善団体に寄付するなどの活動を行いました。

特に有名な作品は「Plays on the Passions」です。1798〜1812年にかけて3部作として発表されました。

彼女は敬虔なクリスチャンでもあり、誠実で穏やかな性格で、その知性も合わせ、周りからの人望は高かったそうです。

その性格が作品へも表現され、現在でも賞賛される女性作家の一人となっています。

ロゴデザイン

劇作家らしく、舞台がロゴデザインになっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:Joanna Baillie
 → https://www.google.co.uk

 スウェーデンのGoogleサイト:Joanna Baillie
 → https://www.google.co.uk

 ウルグアイのGoogleサイト:Joanna Baillie
 → https://www.google.com.uy

 日本のGoogleサイト:ジョアンナ・ベイリー
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ジョアンナ・ベイリー」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク