2018年 退役軍人の日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年11月11日

この日、「アメリカ合衆国」、「プエルトリコ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Veterans Day 2018

Día de los Veteranos

ロゴ大

ロゴ小

インタラクティブなロゴで、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/veterans-day-2018

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

アメリカ合衆国、プエルトリコ

退役軍人の日

Veterans Day:Día de los Veteranos:退役軍人の日

「11月11日」はアメリカの「退役軍人の日:ベテランズ・デー」です。

アメリカ合衆国の祝日で、退役軍人の日を称える日です。

「復員軍人の日」とも呼ばれます。

第一次世界大戦の休戦条約を結んだ「1918年11月11日」が由来となっています。

翌年の1919年、「休戦記念日」として、ウィルソン大統領によって米国で初めて祝われました。

最初はアメリカの中でも30州の規模で行われていましたが、1926年には、すべての米国人がその日を祝うよう決議され、さらに1938年には、全国的な法定休日となりました。

その後、「休戦記念日」は1954年に「退役軍人の日」と名称を変えて現在に至っています。

この日は、アメリカ合衆国大統領がバージニア州アーリントンにある「アーリントン国立墓地」の、全戦没将兵を代表する「無名戦士の墓」にリースを供え、戦争に倒れたすべての米兵を称えるのが慣わしとなっています。

兵役を務めた退役軍人は、今も2500万人以上が生存しており、アメリカでは大切な日となっています。

今年(2018年)は、第一次世界大戦休戦協定(1918年11月11日)から100周年の記念式典がフランスで開催されるため、トランプ大統領はそちらへ出席しています。

ロゴデザイン

5人の退役軍人のインタビューを聴くことのできるインタラクティブなロゴとなっています。

ロゴは、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/veterans-day-2018

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカ合衆国のGoogleサイト:Veterans Day
 → https://www.google.com

 プエルトリコのGoogleサイト:Día de los Veteranos
 → https://www.google.com.pr

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「退役軍人の日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「Googleロゴ」

過去にもアメリカの「退役軍人の日」のロゴが表示されました。

 2017年 退役軍人の日 (2017年11月11日)

 Veterans Day 2016 (2016年11月11日)

 2015年 復員軍人の日 (2015年11月11日)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク