アレクサンドル・ボロディン 生誕185周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年11月12日

この日、「ロシア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

185 лет со дня рождения Александра Бородина

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

ロシア

「アレクサンドル・ボロディン」さんって??

Александр Порфирьевич Бородин:アレクサンドル・ポルフィーリエヴィチ・ボロディン

ロシアの化学者、音楽家です。

音楽では、19世紀後半に活躍した「ロシア5人組」の一人です。

ユリウス歴の「1833年10月31日」に生まれて、「1887年2月15日」に逝去されています。

グレゴリオ歴に換算すると、「1833年11月12日」に生まれて、「1887年2月27日」に逝去されています。

そのため、生誕185周年となります。

サンクトペテルブルクで貴族の子として生まれますが、非嫡出子とされ、実子とは認められませんでした。

ですが、十分な教育は受けることができ、化学を専攻し、サンクトペテルブルク大学の医学部に進学しました。

卒業後は、陸軍病院に勤務、さらに、イタリアのピサ大学、ドイツのハイデルベルク大学にも留学し、化学の研究を続けました。

その後、サンクトペテルブルク大学へと戻り、教授として生涯に渡り研究を続けました。

有機化学の分野で多くの業績を残しました。

また、子供の頃からピアノの教育も受けており。音楽にも非常に興味を持っていました。

陸軍病院勤務時に治療に訪れた「ムソルグスキー」と出会い、「シューマン」の曲を紹介され触れたことが大きな影響を与えます。

「ムソルグスキー」の紹介で、ロシアの音楽家「ミリイ・バラキレフ」「リムスキー・コルサコフ」「ツェーザリ・キュイ」さんなどと交流を深め、作曲の勉強も始めました。

「ボロディン」を含めた、この5人は、後に19世紀後半を代表するロシアの音楽家達「ロシア5人組」と称されることとなります。

化学者として名を馳せていたいたため、休みの日に作曲を行うというスタイルで音楽活動を継続。

そのため、多作の作曲家ではありませんが、2つの交響曲を始め、弦楽四重奏などを残しています。

特に有名な作品はオペラ「イーゴリ公」の中の曲「ポロヴェツ人の踊り」です。

ロゴデザイン

「アレクサンドル・ボロディン」さんが化学の研究を行っている様子がロゴとなっています。

実験器具が「Google」の文字の形になっており、そこから発生する気体が「音楽」に関するものとなっています。

彼の代表作である、オペラ「イーゴリ公」は、「イーゴリ遠征物語」をモチーフにした作品で、それをモチーフにしたものとなっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ロシアのGoogleサイト:Александр Бородин
 → https://www.google.ru

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「アレクサンドル・ボロディン」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク