ヴォルデマール ポールセン 生誕148周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年11月23日

この日、「デンマーク」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Valdemar Poulsens 148 års fødselsdag

Valdemar Poulsen születésének 148. évfordulója

148. godišnjica rođenja Valdemara Poulsena

Valdemar Poulsen’s 148th Birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「デンマーク」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ヴォルデマール・ポールセン」さんって??

Valdemar Poulsen:ヴォルデマール・ポールセン

デンマークの技術者です。

鋼線式磁気録音機(ワイヤーレコーダー)を開発したことで知られています。

「1869年11月23日」に生まれて、「1942年7月23日」に逝去されています。

そのため、生誕149周年となります。

デンマークのコペンハーゲンで裁判官の息子として生まれます。

子供の頃から物理学や化学に興味を持っており、コペンハーゲン大学へと進学。

デンマークの化学者「ユリウス・トムセン」さんから化学を学びました。

その後、「コペンハーゲン電話会社:Kopenhagener Telefon-Gesellschaft(KTAS)」の研究エンジニアとして働き始めます。

彼は音波の記録に関心を抱き、電話での会話を記録できないか模索します。

そして、1898年に円筒に巻きつけた針金(ワイヤー)に信号を記録する「鋼線式磁気録音機(ワイヤーレコーダー)」を開発(発明)しました。

記録ヘッドを使い、音を電気信号に変換して記録、再生時は逆に電気信号を再生ヘッドを用いて音として再現するというものでした。

この録音機は「テレグラフォン:Telegraphone」と名付けられ、同年に特許を取得。

これが実用化された世界初の「磁気記録」の装置と言われています。

1900年、パリの万国博覧会で、オーストリア皇帝「フランツ・ヨーゼフ1世」の声を録音する機会に恵まれました。

わずか24秒間の録音音声ですが、この時の録音が、現存する最古の磁気録音となっています。

その後、針金だけでなく、テープやディスクなど、様々な媒体を利用して記録する方法を模索しました。

彼の発明を元に1928年にはドイツ人の「フリッツ・フロイメル」さんによりテープレコーダーの原型が生み出されました。

1903年には音声を無線で送信する「ポールセン・アーク送信機」を開発。

翌年の1904年にラジオによる送信実験も行っています。

彼の送信機は、真空管が普及するまで無線通信で使われました。

ロゴデザイン

鋼線式磁気録音機(ワイヤーレコーダー)がロゴデザインになっています。

「ヴォルデマール・ポールセン」さんが録音を行い、再生する様子が描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 デンマークのGoogleサイト:Valdemar Poulsen
 → https://www.google.dk

 ハンガリーのGoogleサイト:Valdemar Poulsen
 → https://www.google.hu

 クロアチアのGoogleサイト:Valdemar Poulsen
 → https://www.google.hr

 カナダのGoogleサイト:Valdemar Poulsen
 → https://www.google.ca

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ヴォルデマール・ポールセン」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク