藤田嗣治(レオナール・フジタ) 生誕132周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2018年11月27日

この日、「日本」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Léonard Tsuguharu Foujita’s 132nd Birthday

Kỉ niệm 132 năm ngày sinh Léonard Tsuguharu Foujita

Léonard Tsuguharu Foujita fyller 132 år

藤田嗣治 生誕132 周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「日本」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「藤田嗣治」さんって??

藤田嗣治:ふじた つぐはる

日本出身の画家・彫刻家です。主に、日本、フランスで活躍しました。

後にフランスに帰化しており、「レオナール・フジタ(Léonard Foujita)」の名でも知られています。

「1886年11月27日」に生まれて、「1968年1月29日」に逝去されています。

そのため、生誕132周年となります。

東京市牛込区(現:東京都新宿区)に医者の息子として生まれました。

父親は軍医として台湾や朝鮮への赴任経験もあり、陸軍の軍医総監も務めた方でした。

子供の頃から絵を描くことが好きで、当時の芸術の中心地であったフランス、パリで西洋画を学ぶことを夢見ていました。

1905年、「東京美術学校」へと入学し、西洋画を学び始めます。

当時はパリからもたらされた「印象派」や「写実主義」の作風が流行っていて、それは、彼には合いませんでした。

そのため、学校の成績はあまりよくなかったようです。

卒業後は「新宿百人町」にアトリエを構え、活動を行い始めますが、フランスへ留学したいという思いが次第に強くなり、1913年にフランスへと向かいました。

フランス、パリの「モンパルナス」に拠点を置き、活動を始めます。

パリでは「キュビズム」や「シュールレアリズム」が台頭してきており、日本で学んだ作風とは異なる、全く新しい西洋画に触れ、衝撃を受けます。

それから、彼はこれまでの作風を見直し、新たな自分の作風を見つけていくことになります。

当時の「モンパルナス」は、中心街から少し離れた寂しい郊外にありました。

そのため、家賃や物価も安いこともあって、資金のない画家、彫刻家、小説家、詩人、作曲家たちが集い、集合住宅で生活をしていました。

そこで、「エコール・ド・パリ」と称される様々な作家と交流を深めています。

「アメデオ・モディリアーニ」「フェルナン・レジェ」「パブロ・ピカソ」「アンリ・マティス」等々、名だたる芸術家と交流を行なっています。

第一次世界大戦は、厳しい時代が続きましたが、戦後、パリでは芸術が花開いていきます。

彼の絵も注目を集め、評価が高まっていきます。

日本画の技術と西洋画を融合させた独創的なスタイルの作風で、人気を博しました。

1922年、サロン・ドートンヌ展に出展した「寝室の裸婦キキ(Nu couché à la toile de Jouy)」が注目を集め、誰もが知る作家となりました。

1925年には、フランスから「レジオン・ドヌール勲章」、ベルギーから「レオポルド勲章」を授与されています。

彼の名前「Foujita」を文字って「FouFou」と呼ばれるほどの人気でした。
(「Fou」は、フランス語で「クレージー」というような意味)

その後、南北アメリカ大陸で個展を行い、1933年に日本へと帰国。

第二次世界大戦時は陸軍美術協会理事長に就任。「戦争画」の製作を手がけますが、戦後、この「戦争画」を巡り「戦争協力者」としてGHQからも目をつけられることとなります。

そんな状況に嫌気をさした彼は、1949年に日本を去ることとなりました。

フランスに戻りましたが、第二次世界大戦後のフランスは、ナチスドイツの退廃芸術の弾圧の影響もあり、当時の芸術の賑わいはありませんでした。

世界の芸術の中心も「パリ」 → 「ニューヨーク」へと場所を変えつつある時期でした。

その中でも彼はフランスを拠点として、多くの作品を残しました。

1955年に、フランス国籍を取得しています。

彼の死後、夫人により旧宅が「メゾン・アトリエ・フジタ」として整備され、彼の作品が大切に保存されています。

今年(2018年)は、彼の「没後50周年」ということで、日本各地で様々なイベントが行われています。

ロゴデザイン

「藤田嗣治」さんの作風でロゴが描かれています。

1927年の作品「Couturier Cat:仕立て屋の猫」がモチーフとなっています。

1929年、猫を題材としたエッチング「A Book of Cats」は現在でも人気のある作品となっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 日本のGoogleサイト:藤田嗣治
 → https://www.google.co.jp

 ベトナムのGoogleサイト:Léonard Tsuguharu Foujita
 → https://www.google.com.vn

 スウェーデンのGoogleサイト:Léonard Tsuguharu Foujita
 → https://www.google.se

 アルゼンチンのGoogleサイト:Léonard Tsuguharu Foujita
 → https://www.google.com.ar

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「藤田嗣治」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク