ファレルニサ・ザイド 生誕118周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年1月7日

この日、「トルコ」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Fahrelnissa Zeid’in 118. Yaş Günü

Fahrelnissa Zeid’s 118th Birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「トルコ」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ファレルニサ・ザイド」さんって??

Fahrelnissa Zeid:ファレルニサ・ザイド

トルコ出身の女性芸術家です。

トルコ地域とヨーロッパの美術を融合したカラフルな作品で知られています。

「1901年1月7日」に生まれて、「1991年9月5日」に逝去されています。

そのため、生誕118周年となります。

オスマン帝国時代に貴族の娘として生まれました。

父親はオスマン帝国で宰相を務めた人物でした。

彼女は若い頃から絵を描くのが好きであり、1919年にイスタンブールの美術アカデミーへ入学します。

美術アカデミー入学前の祖母を描いた肖像画が初期の作品として良く知られています。

1920年、小説家の「İzzet Melih Devrim:イゼット・メリー・デヴィム」さんと結婚。

新婚旅行でヴェネチアを訪れ、そこでヨーロッパの芸術に触れ、大きな感銘を受けました。

1928年にフランス、パリのアカデミー・ランソンへ入学し、「Roger Bissière:ロジェ・ビシエール」さんの元で絵画を学びました。

1934年に離婚、その後、イラクの王族の「Zeid bin Hussein:ザイド・イブン・フサイン」さんと結婚。

王族である夫の「ザイド・イブン・フサイン」さんは、様々な国で外交活動を行なっていました。

まずは、ベルリンへと移住しますが、ドイツでナチスの台頭が始まると、イラクへと帰国。

彼女は、ヨーロッパの芸術に大きく影響を受けていたことから、イラクでの生活は、かなり窮屈で、精神的な病になるほどでした。

療養を兼ねて、パリやブタベストなどを旅し、その後、イスタンブールで活動を続けました。

イスタンブールでは、前衛的な芸術家達とも親交深め、初の個展も開催。

各国を訪れる夫は、イラク王国の大使であり、各地の大使館が彼女のアトリエとなりました。

第二次世界大戦後は、ヨーロッパの抽象芸術に大きく影響を受け、ロンドンやパリを中心に活動を行います。

夫婦はイラクへ帰国せず、各地を転々としていました。

1958年、イラク王国でクーデター発生し、王族が皆殺されてしまいます。

イラクにいなかった夫婦は難を避けることができましたが、外交の大使としての地位は失われ、彼女も芸術活動を続けることができなくなりました。

その時代には、料理の後に残った「鶏の骨」に絵を描いたり、骨を使ったアートを模索しました。

そのことが元になり、「Paléokrystalos」と呼ばれる抽象的でカラフルな、彼女の代表作品群が生まれました。

晩年はヨルダンで、美術学校を主催し、後進の指導にあたりました。

20世紀を代表する女性芸術家で、彼女の作品は美術オークションでも高額で取引されています。

関連する過去のロゴ

過去にも「トルコ」出身の芸術家が取り上げられています。

女性陶芸家の「フレーヤ・コラル」さん、トルコで最初の現代女性画家と称されている「ミヒリ・ムシュフィク・ハニム」さん。

よろしければ合わせてご確認ください。

 フレーヤ・コラル 生誕108周年 (2018年6月12日)

 ミヒリ ムシュフィク ハニム 生誕131周年 (2017年2月26日)

ロゴデザイン

「Paléokrystalos」と呼ばれる彼女の抽象作品がモチーフになっています。

作品の中に「Google」の文字が隠されています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 トルコのGoogleサイト:Fahrelnissa Zeid
 → https://www.google.com.tr

 イギリスのGoogleサイト:Fahrelnissa Zeid
 → https://www.google.co.uk

 カナダのGoogleサイト:Fahrelnissa Zeid
 → https://www.google.ca

 チリのGoogleサイト:Fahrelnissa Zeid
 → https://www.google.cl

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ファレルニサ・ザイド」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク