ダリダ 生誕86周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年1月17日

この日、「フランス」、「エジプト」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Il y a 86 ans naissait Dalida

الذكرى الـ86 لميلاد داليدا‎‎

86. Geburtstag von Dalida

ダリダ 生誕86周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「フランス」、「エジプト」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ダリダ」さんって??

Dalida:ダリダ

エジプト出身のフランス人歌手です。

生涯で、1億4,000万以上のレコードを売り上げました。

「1933年1月17日」に生まれて、「1987年5月3日」に逝去されています。

そのため、生誕86周年となります。

本名は「Iolanda Cristina Gigliotti:ヨランダ・クリスティーナ・ ジリョッティ」

エジプトのカイロで生まれます。

両親はイタリア人でした。

父親は音楽を学び、パブでバイオリンを弾いており、母親は仕立て屋でした。

両親は、故郷であるイタリアで生計を立てることができずにエジプトに移住し、彼女が生まれました。

生後十ヶ月で目に感染症を患い、目の手術を行います。

その後は、メガネが必需品となり、そのことで、幼少の頃はいじめにも遭っていました。

10代の頃に手術を行い、回復しています。その際に、視界が明るくなったことが、彼女の自信になりました。

第二次世界大戦が始まると、父親が他のイタリア人たちと共に連行されてしまいます。

保釈されたのはイタリアが降伏した後のことでした。

釈放された父親はすっかり別人となっていました。目の病気でぐずっていた娘に優しくバイオリンを弾くかつての面影はなく、暴力的な性格になっていました。

父親は釈放後、すぐに脳腫瘍で無くなります。彼女が、まだ12歳の時でした。

学校卒業後、家計を助けるために働きはじめます。

そして、友人に誘われ、何気なくマイナーなミスコンに出場したところ、その美貌が注目を集めます。

これが転機となり、ファッションモデルの仕事を始めました。

1954年には、ミスエジプトに選出され、翌年(1955年)、ロンドンで開催されるミス・ワールドのエジプト代表にも選ばれました。(残念ながら、スエズ危機の影響により1955年のミス・ワールドにはエジプトは参加していません。)

ミスエジプトになったことから、映画関係者の目にも留まり、エジプト映画にも出演。

この時の芸名は「Dalila」でした。

その際に、映画関係者からフランス、パリへの進出を勧められ、1954年末にフランスへと移住。

そこで、映画のオーディションを受けますが、落選の連続でした。

演技での仕事が全く無いため、歌のレッスンを行い、キャバレーやバーで歌う仕事を始めます。

この時に、「Dalida」へと名前の変更を行いました。

理由は、当時の大作映画「サムソンとデリラ:Samson et Dalila」に憧れ、つけた名でしたが、映画と重なるので、インパクトが無く、記憶に残らないと言われたからでした。

1956年、彼女の歌が注目を集め、ラジオへの出演、コンサートの開催、そして、レコードが発売されることとなります。

リリースした「Bambino:バンビーノ」が大ヒットし、トップスターの仲間入りをしました。

その後も、出す曲が次々とヒット。

フランスのみならず、カナダでも曲が人気となります。

1959年には、ヨーロッパ諸国を回る大規模なツアーも開催。

各国語版の歌もリリースし、ドイツやイタリア、ベルギー等でも人気となりました。

1961年に、結婚を機にフランス国籍を取得。

1970年代には、ディスコ音楽を、そして、1980年代に入るとポップソングを取り入れるなど、時代の変遷に応じた曲をリリースし、どれもがヒットしました。

歌手として成功はしましたが、彼女は元々、女優志望だったこともあり、映画にも出演しています。

世界的な歌手となったことで、過密なツアー、レコーディング、テレビ出演に追われ、暇を取る時間が無くなっていました。

また、私生活では度重なる恋人の死や別れにも見舞われ、1987年、「La vie m’est insupportable… Pardonnez-moi.人生に耐えられない、、、許して。」と書き残して薬物の過剰摂取で自殺しました。

幼少の頃の父親の暴力的な変貌が、男性に対するトラウマとなっており、それが男性関係が上手くいかなかった一因だとも言われています。

1956年のレコードデビューから、死にいたるまで、世界で1億4,000万以上のレコード(ディスク)を売り上げました。

特に知られているのは「アラン・ドロン」さんとのデュエット曲「Parole parole:(邦題:甘い囁き)」です。(元はイタリアの歌で、フランス語カバー曲)

世界を代表する女性歌手の一人です。

関連する過去のロゴ

「Dalida」への名前の変更のきっかけとなった映画「サムソンとデリラ:Samson et Dalila」に出演していた「ヘディ・ラマー」さんが、以前ロゴとして取り上げられました。

よろしければ合わせてご確認ください。

 ヘディ・ラマー 生誕101周年 (2015年11月9日)

ロゴデザイン

ステージで歌う「ダリダ」さんがロゴに描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 フランスのGoogleサイト:Dalida
 → https://www.google.fr

 エジプトのGoogleサイト:داليدا
 → https://www.google.com.eg

 ドイツのGoogleサイト:Dalida
 → https://www.google.de

 日本のGoogleサイト:ダリダ
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ダリダ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク