ソジャーナ・トゥルースを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年2月1日

この日、「アメリカ」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating Sojourner Truth

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「アメリカ」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ソジャーナ・トゥルース」さんって??

Sojourner Truth:ソジャーナ・トゥルース

アメリカの奴隷解放、女性公民権の活動家です。

当時の戦うアフリカ系アメリカ人女性の象徴となりました。

「1797年」に生まれて、「1883年11月26日」に逝去されています。

ニューヨーク州アルスター郡で奴隷の子として生まれます。

「イザベラ・ボームフリー」と名付けられました。

両親も奴隷であり、10〜12人ほどの兄妹もいました。

ニューヨーク州では、1799年に奴隷制度を廃止することが決定しましたが、実際には解放する方法が整備されておらす、多くは奴隷のままでした。

1806年、9歳の時に、主人が死んだことをきっかけに、別の主人の元へと売られます。

その後も何度も売られ、1815年頃に、他の農場の奴隷だった「ロバート」という青年に出会い、恋に落ちます。

ところが、「ロバート」の主人は、自分の奴隷と、他の人の奴隷が結婚をすることを禁じました。

結局、「ロバート」とは結婚できず、同じ主人に仕える「トーマス」という奴隷と結婚し、5人の子供を授かりました。

1826年、彼女は、生まれたばかりの幼い娘(乳飲み子)だけを連れて逃げ出します。

1799年の法で、それ以降に生まれた子供の解放は段階的に行われていましたが、成人である彼女は、まだ解放されていなかったためでした。

他の子を置き去りにしての逃亡劇でした。

逃げ出した翌年の1827年、ニューヨークでは奴隷制が終わりを告げます。

残した子供の元に戻ると、5歳の息子が主人によって売られていました。

もちろん、これは違法であり、彼女は訴訟を起こし、息子を取り戻しました。

白人男性に対して、訴訟に勝利した最初の黒人女性の一人となりました。

その後は、ニューヨークで家政婦として働き始めます。

キリスト教へと改宗し、メソジスト教会に帰依します。

1843年、名前を「Sojourner Truth:ソジャーナ・トゥルース」に変え、自身の経験を元に、奴隷制度の廃止について説教するための活動を開始しました。

この名は「Sojourner:滞在者」「Truth:真実」という意味で、「そこにある真実」を語っていくことを意図したものでした。

彼女の最も有名なスピーチは、1851年にオハイオ州アクロンで行われたものです。

「Ain’t I a Woman?:私は女性じゃないの?」の題名で知られています。

1864年、彼女の活動を称え、リンカーン大統領が、彼女をホワイトハウスに招いています。

各地での奴隷解放だけでなく、女性参政権の実現も目指し、戦う黒人女性の象徴ともなりました。

1996年に打ち上げられたアメリカ「NASA」の火星探査機に搭載された着陸探査車には、彼女にちなんで「ソジャーナ」と名付けられました。

現在、アメリカやカナダでは「2月」「黒人歴史月間」とされています。

「黒人歴史月間」の初日に合わせて「Google」のロゴが変更されました。

過去も「2月1日」には、アフリカ系アメリカ人の著名な人物がロゴとして取り上げられています。

 カーター G ウッドソンを称えて (2018年2月1日)

 エドモニア ルイスを称えて (2017年2月1日)

 フレデリック・ダグラス記念 (2016年2月1日)

よろしければ、合わせてご確認ください。

ロゴデザイン

違法に売られた息子を取り戻すための訴訟に向かう「ソジャーナ・トゥルース」さんが描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 アメリカのGoogleサイト:Sojourner Truth
 → https://www.google.com

 カナダのGoogleサイト:Sojourner Truth
 → https://www.google.ca

 イギリスのGoogleサイト:Sojourner Truth
 → https://www.google.co.uk

 ドイツのGoogleサイト:Sojourner Truth
 → https://www.google.de

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ソジャーナ・トゥルース」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク