Celebrating Jacques Plante

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年2月12日

この日、「カナダ」をはじめとして、いくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating Jacques Plante

Firar Joseph Jacques Omer Plante

Vinh danh Joseph Jacques Omer Plante

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「カナダ」をはじめとして、いくつかの国で変更されています。

「ジャックス・プランテ」さんって??

Joseph Jacques Omer Plante:ジョセフ・ジャックス・オマー・プランテ

カナダのアイスホッケー選手です。

ゴールテンダーとして活躍しました。

「1929年1月17日」に生まれて、「1986年2月27日」に逝去されています。

カナダ、ケベック州の農家に生まれ、子供の頃は、親が木を切って作ったスティックとテニスボールでホッケーを始めます。

幼児期から喘息の持病があり、このことから、長時間のスケーティングの必要がないゴールテンダーとしてプレーすることを望みました。

また、子供の頃に木から転落したことで左手を骨折しており、その後の処理が悪かったことにより、左手が不自由でした。

左手のハンディにも関わらず、他の体の部分を上手く活用するプレースタイルで、ゴールテンダーとしての才能を開花させていきます。

中学校の頃には、学校のチームを始め、地域のチームや、地元の企業のチームでもプレーするほどになっていました。

その評判を受け、誘われる形で1947年に、アメリカンホッケーリーグ(マイナーリーグ)の「Quebec Citadelles」へ加入。

プロの選手としてのキャリアをスタートさせます。

そこで実績を残し、1953年からは「NHL(ナショナルホッケーリーグ)」のプレイヤーとなりました。

この頃、左手の矯正手術を受け、手術は成功、左腕を自由に動かすことができるようになりました。

1953年〜1963年まで「モントリオール・カナディアンズ」でプレーをし、スタンレー・カップで、6度の優勝を成し遂げています。

1965年に一度引退しますが、1968年に復帰、その後、1975年まで選手としてプレーを続けました。

1959年〜60年のシーズンで、彼は初めて定期的にゴールテンダーマスクを着用し始めた選手となりました。

そのシーズンの試合でパックを顔に受け、負傷してしまいます。

ところが、代わり(控え)のゴールテンダーがおらず、結局、治療を終え再出場することとなりました。

その際に、マスクを着用していました。

彼は、怪我が治った後も、今後の選手生命などを考え、マスクの着用を継続します。

コーチから視界を妨げるという理由で着用を反対され、ファンからも好意的には思われませんでした。

その意見をシャットアウトするように、彼は活躍しました。

マスクは、すぐに広まり、数年後にはゴールテンダーのほとんどのプレイヤーが着用するようになりました。

その後、専門家と協力し、より安全で、視認性の高い新たなマスクを次々と生み出していきます。

マスクだけでなく、彼は現在では当たり前となっているゴールテンダーのパックコントロールや守備のスタイルを確立した方です。

「1954年2月12日」の試合で、NHLの「モントリオール・カナディアンズ」のスターティングメンバーの一人となりました。

この日を記念してロゴが変更となりました。

ロゴデザイン

ゴールテンダーの「ジャックス・プランテ」さんがロゴとなっています。

マスクも描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 カナダのGoogleサイト:Jacques Plante
 → https://www.google.ca

 スウェーデンのGoogleサイト:Joseph Jacques Omer Plante
 → https://www.google.se

 ベトナムのGoogleサイト:Joseph Jacques Omer Plante
 → https://www.google.com.vn

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ジャックス・プランテ」です。

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク