マドゥバラ 生誕86周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年2月14日

この日、「インド」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Madhubala’s 86th Birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

インド

「マドゥバラ」さんって??

Madhubala:マドゥバラ

インドの映画俳優です。

インド映画界のマリリン・モンローと称されました。

「1933年2月14日」に生まれて、「1969年2月23日」に逝去されています。

そのため、生誕86周年になります。

イギリス領時代のインドのデリーに生まれます。

本名は「Mumtaz Jehan Begum Dehlavi:」

小さい頃に父親がデリーで職を失ったのを機に家族はボンベイへと移住。

家庭は貧しく、10人の兄妹がいましたが、成人するまで生き残ったのは4人だけだったそうです。

1942年、9歳の時に家計の助けになればと考え、子供役として映画に出演します。

その初出演映画「Basant:バサント」は、その年の一番のヒット作となり、一躍名が知られるようになりました。

その後も次々に映画に出演。

当初は子役ばかりでしたが、1947年には「Neel Kamal」で、14歳にして初の主演女優に抜擢されました。

この頃に出演名を「Madhubala:マドゥバラ」へと変更。

一気にインド映画を代表する女優となりました。

その人気は絶大で、1950年代は、出演映画のほぼ全てが主演で、アメリカハリウッドでも彼女のことが話題になるほどでした。

その絶頂期の1954年、「心室中隔欠損」の病気が見つかります。

治療を続けながら映画出演を続けましたが、1960年代になると悪化。

その後は、寝たきりの状態になり、1969年、36歳の若さで亡くなりました。

病気のため、1960年以降は、ほとんど出演する事はありませんでしたが、現在でも黎明期のインド映画を代表する女優の1人とされています。

その美貌から、「The Venus of Indian Cinema:インド映画界のヴィーナス」と称されました。

関連する過去のロゴ

彼女は、同年代のインドの女優、歌手の「ミーナ・クマリ」さんとも子役の頃から親交がありました。

彼女も過去にロゴとして取り上げられました。

よろしければ合わせてご確認ください。

 ミーナ・クマリ 生誕85周年 (2018年8月1日)

ロゴデザイン

「マドゥバラ」さんがロゴデザインとなっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 インドのGoogleサイト:Madhubala
 → https://www.google.co.in

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「マドゥバラ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク