2019年 女性のカーニバル

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年2月28日

この日、「ドイツ」、「オーストリア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Weiberfastnacht 2019

Fasching 2019

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

ドイツ、オーストリア

女性のカーニバル

Weiberfastnacht:女性のカーニバル

この日、「午前11時11分」になると、祭りが始まります。

「男性は女性から何をされても文句を言えない日」とされています。

中でも、男性の権力の象徴とされている「ネクタイ」を女性がハサミで切るのが風習となっています。

そのため、この日は、男性たちは、不要になったネクタイをしていくんだとか。

ネクタイを切ったお詫びに女性からキスを贈られることもあります。

男性にとっては、少し嬉しい日です。

その起源ですが、昔、ボイエルの洗濯業の女性たちが、カーニバル前の木曜日にだけ、仕事を休みにしていました。

彼女達は、1824年に、女性委員会を立ち上げ、それまでは男性のみで行われていたカーニバルに、女性(自分たち)も参加しようと呼びかけました。これがドイツ全土に広がり、各地で「女性のカーニバル」が行われるようになりました。

ドイツ南西部の「シュヴァーベン地方」では、揚げパンなどの油を使った料理をする風習が残っており「脂ぎった木曜日(Schmotziger Donnerstag)」とも呼ばれています。

Fasching:カーニバル

ドイツやオーストリアには「Fasching:カーニバル」(カーニバルのシーズン)の風習があります。

カトリック教会が復活祭(イースター)の前の46日間を断食期間(Fastenzeit)と定めていることから、その前に「思いっきり味わっておこう!」という意味で、カーニバルが行われます。

実際には「11月11日」よりカーニバルのシーズンが始まるのですが、特に断食期間に入る前の最後の1週間(木曜日〜水曜日)が一番盛り上がります。

2019年の復活祭(イースター)の日は西方教会では「4月21日」。

46日前の断食開始の日が「3月6日」です。

断食前の最後の1週間の初日が「Weiberfastnacht:女性のカーニバル」です。

2019年の最後の1週間は「2月28日〜3月6日」が該当します。

4日後の月曜日は「薔薇の月曜日」(Rosenmontag)とも呼ばれ、各地でパレードなどのイベントが行われます。

そして、最終日の水曜日は「灰の水曜日」(Aschermittwoch)と呼ばれ、この日からイースターまで断食期間が始まります。

「灰の水曜日」からイースターまで、カトリック教徒は肉を断つことになっています。

現代では、厳密に「肉を断つ」というわけではなく、お菓子やアルコールなど自分が好きなものを我慢する期間にしている人も多いそうです。

2019年における西方教会での「灰の水曜日」は「3月6日」、復活祭(イースター)は「4月21日」ですので、「3月6日〜4月21日」までの「46日間」が断食期間となります。

復活祭(イースター)の日付は毎年日付が変化します。(曜日は日曜日に固定されています。)

それに合わせてカーニバルの日も、毎年変化します。

ロゴデザイン

女性達がカーニバルを楽しむ様子がロゴデザインになっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ドイツのGoogleサイト:Weiberfastnacht
 → https://www.google.de

 オーストリアのGoogleサイト:Fasching
 → https://www.google.at

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「女性のカーニバル」「カーニバル」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「Googleロゴ」

過去にも「女性のカーニバル」のロゴが表示されました。

 2017年 女性のカーニバル (2017年2月23日)

 2016年 女性のカーニバル (2016年2月4日)

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク