オルガ・ラドイジェンスカヤ 生誕97周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年3月7日

この日、「ロシア」をはじめとして、多くの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

97 лет со дня рождения Ольги Ладыженской

97 гадоў з дня нараджэння Вольгі Ладыженскай

Olga Ladyzhenskaya’s 97th birthday

97º aniversario del nacimiento de Olga Ladyzhenskaya

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「ロシア」をはじめとして、多くの国で表示されています。

「オルガ・ラドイジェンスカヤ」さんって??

Óльга Алекса́ндровна Лады́женская:オルガ・アレクサンドロヴナ・ラドイジェンスカヤ

ロシアの女性数学者です。

偏微分を専門とし、「ヒルベルトの第19問題」の研究で大きな足跡を残しました。

「1922年3月7日」に生まれて、「2004年1月12日」に逝去されています。

そのため、生誕97周年となります。

数学教師の親の元に生まれます。

父親は、「ヨシフ・スターリン」さんの大粛清により、秘密警察に捕らえられ、殺されてしまします。

彼女も、高校卒業後の1939年、レニングラード大学(現:サンクトペテルブルク大学)の数学科への入学を希望しますが、粛清対象者の娘ということで、拒否されてしまいます。

そのため、教育学の方面に進学しました。

学校で子供たちに数学を教えながら、ようやく数学を学べる機会を得ることができました。

1943年に、モスクワ州立大学の力学数学部へと進学。

1947年に卒業し、結婚。

その後、レニングラード大学の大学院へと進学しました。

大学院では、同じくロシアの数学者の「セルゲイ・ソボレフ」さんの指導を受け、卒業後は大学に残り、高等数学や物理学の教授を勤めました。

1981年には、「ソ連科学アカデミー」のメンバーに名を連ね、後にアカデミーの研究者として活躍しました。

その後、ソビエト連邦が崩壊。

崩壊後は、経済の混乱が起こり研究費も激減しましたが、彼女はロシアに残ることを選び、研究を続けました。

1990年から1998年まで、サンクトペテルブルク数学会の会長を勤めました。

2002年には、「ロシア科学アカデミー」から「ロモノーソフ金メダル」を授与されています。

偏微分が専門で、たくさんの論文を残しています。

特に「ヒルベルトの第19問題」の研究で知られています。

ロゴデザイン

「オルガ・ラドイジェンスカヤ」さんが、ロゴに描かれています。

準線形楕円方程式も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 ロシアのGoogleサイト:Ольга Ладыженская
 → https://www.google.ru

 ベラルーシのGoogleサイト:Вольга Ладыженская
 → https://www.google.by

 アメリカのGoogleサイト:Olga Ladyzhenskaya
 → https://www.google.com

 ボリビアのGoogleサイト:Olga Ladyzhenskaya
 → https://www.google.com.bo

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「オルガ・ラドイジェンスカヤ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2018 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク